にほんブログ村双子ランキングは双子情報の宝の山!ポチっと応援お願いいたします。
双子妊娠・出産・育児関連書籍
双子の子育てに便利なグッズ集
双子の妊娠・出産・子育てに便利なショッピングサイトと、お小遣いが楽しみなアンケートサイト。
育児コミュニティなど育児支援サイト案内
空き時間にネットでお小遣い!

 

 

 

 

虚弱児や、おなかの弱い子の体質改善法

風邪を引きやすかったり、下痢気味だったり、すぐ扁桃腺が腫れるなど、いわゆる虚弱体質ですが、特に双子は小さく生まれることが多いためか、ひとりで生まれたお子さんよりもその割合は多いように感じます。

こうしたお子さんの場合、個々の症状にその都度対処するよりも、体質自体を変えていくことが賢明です。

こうした処置は、やはり漢方の得意分野です。

■風邪を引きやすい・扁桃腺が腫れやすい子
免疫を賦活(活性化)させる働きの漢方薬を用います。食の細い子にも有効です。
●補中益気湯 (ほちゅうえっきとう):
中つまり脾胃を補って気を益す=内臓を強くして、元気を作るという意味。虚弱の処方に多く用いられます。
●小柴胡湯(しょうさいことう):
漢方処方のベースともいえるほど、広く用いられます。風邪を引きやすい子供への処方は有名。

■おなかのトラブルの多い子
体を温める食事が足りていないのでは?食事をチェックした上で以下の処方を。
●小建中湯(しょうけんちゅうとう):
おなかの症状の基本的な漢方薬です。夜尿症の薬としても有名。
●六君子湯(りっくんしとう):
消化不良など、胃の調子がすぐに悪くなる子に有効です。

漢方ですから、西洋医学的な処方でなく、漢方的な見立てによる効果的な処方をしましょう。間違うと、思わぬ副作用のある場合があります。「漢方は副作用がない」というのは、漢方の処方をした上でのことなのです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気
この記事へのコメント
漢方ワールドいいっすね〜。
私も愛用者です。補中益気湯は産後のへばった母体にもいいようでしばらく服用してました。夏バテの時もたまに飲んでます。
もう5月ですね〜。嗚呼また夏がやってくる・・・・てちょっと早いか。
Posted by maman at 2006年05月08日 02:08
どーも!
仕事柄風水を勉強しているもので(どんな仕事なんだ?)、漢方の世界も非常に参考になります。
考え方の根本が、けっこう同じだったりします。
Posted by 双子パパ at 2006年05月19日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4166741
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
双子妊娠&子育て情報サイト「双子ドットコム。」のトップページに戻る

Copyright (C) 2005-2012, Hutago.com All rights reserved.