にほんブログ村双子ランキングは双子情報の宝の山!ポチっと応援お願いいたします。
双子妊娠・出産・育児関連書籍
双子の子育てに便利なグッズ集
双子の妊娠・出産・子育てに便利なショッピングサイトと、お小遣いが楽しみなアンケートサイト。
育児コミュニティなど育児支援サイト案内
空き時間にネットでお小遣い!

 

 

 

 

双子の大けが:わんぱくなのは嬉しいのですが、、、

うちの双子ですが、上の子は2歳の時にすごいケガをしております。耳の後ろを数針縫うという、かなり恐ろしいものです。もう少し深い傷だったら、どうなっていたか・・・


幼い双子を世話していて一番気をつけるべきことは、うまく二人とも見なければいけないこと。特に、歩けるようになった頃、自由に動けるのが楽しくて仕方ない赤ちゃんは、ちょっと目を離した隙に、どこへ行ってしまうかわかりません。
しかし、二人とも完璧に見ることって、可能なんでしょうか?


その事故は、双子パパが子どもを見ていたときに起こりました。
テレビをチラチラ見ながら、双子の様子も見ながら、という時でした。上の子が、ぬいぐるみなどの置いてあるラック(高さ80センチほど)によじ登ったのです。ソファーに座っていた双子パパの真後ろで盲点でした。下の子は双子パパの前面にいました。


「ガッシャーン!」


大きな音にソファーから跳ね上がると、そこは子どもの血が飛び散り、ガラスの破片が散乱する地獄のような光景でした。
ラックの上には、ガラスの壺(ビー玉を入れて飾りにしていた)が置いてあり、ラックが倒れると同時に子どもの頭の上に落ちたのです!


今思い出しても、頭に血が上ります。
幸い、かなり出血はしたものの傷は浅く、2日の入院+何回かの通院で済みましたが、最初にも書いたとおり、もしあと数ミリ深い傷だったら、今こうして、みなさんにブログを書くこともなかったと思います。


双子親は、やはり育児にすごいエネルギーを使います。できれば、集中して子どもの世話をし続けてあげたいのですが、人間ですからそうはいきません。ボーっとしていたりするときもありますし、逆にたまにはそうして気を抜かないと、親が参ってしまいます。


ですから、子どもの手が届く可能性のある場所には、危険物はもちろん、危険になりそうなものもなるたけ排除しましょう。当たり前のことですが、「まさかここまでは届かないだろう」と思っていても、子どもはあっという間に成長し、親の予想を超えていきます。
もし万が一のことが起きた場合でも、「双子親で大変だから」では済まされません。全責任は、親にあるのです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 12:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気
この記事へのコメント
これは、すべての情報が非常に明確に与えられている、非常に有益な記事だ。
Posted by chloe outlet at 2014年03月17日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4811308
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
双子妊娠&子育て情報サイト「双子ドットコム。」のトップページに戻る

Copyright (C) 2005-2012, Hutago.com All rights reserved.