これはぜひ読んでいただきたい一冊。

息子へ。
息子へ。

震災直後にインターネットで話題になった飯野さんのブログが、素敵なイラストと英語訳もついて書籍になりました。

なんとも言えない、やさしさと落ち着いた雰囲気が、染みます。
双子と全然関係ないけど、子供に読み聞かせたい本です。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 08:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

白い肌と黒い肌の双子ちゃんがいた!その確率なんと100万分の1!

ネットニュースで見つけたのですが、こんなことがあるんですね。

twins
(原文はこちら

ママはKylie Hodgsonさん、帝王切開だったそうです。先に生まれたのがブロンドヘアーのRemee、そして数分後に生まれたのが黒い髪のKian。

母親の方も父親の方もそれぞれ混血で、それぞれさらに母が白い、父が黒いという感じの肌の色だったそうですが、まさに隔世遺伝ですよね。何代か前のDNAがこうして現れる、、、生命の神秘を感じます。

うちも上の子は色白ですけど、下の子は黒豹みたいです。いや、黒豚ちゃんかな。(笑)肌質も、色白のほうはカサカサ乾燥肌、黒いほうはしっとり&ピッチピチですね。乾燥肌は双子パパに似たのだと思います。足のスネなどがひび割れたようになっているところとか、同じです。で、これはパパのパパ=じじも同じです。

・・・親子ってコワイ。(笑)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:50 | Comment(64) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

妊娠から出産まで定点カメラで撮影。

こういうの好きなんです。楽しい!



双子パパ、実は今年、裏の田んぼの水が入るところから稲刈り終了まで、ほぼ毎日定点写真を撮ったんですけども、写真が多すぎて、まだこういうムービーを作れていません。

作ったらYouTubeにでもアップして、全国の小中学生の自由研究に役立てていただこうと思っています。(どう役立つかわかりませんが)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:39 | Comment(40) | TrackBack(1) | 双子何でもコラム

冬のボーナスは冷え込む一方・・・

今年の冬のボーナスはまた厳しくなるそうで、なかなかよくならない景気に、やきもきするご家庭も多いはず。

しかし、その一方、夢を追いかけてより良い条件の仕事に向かって転職トライするパパも増えているのが昔と違うところ。
でも、実際問題、あと少し今の会社にいればもらえるボーナスを、転職でフイにしてしまうのもどうかなーと、躊躇しちゃうパターンも出てきますよね。

そんな気持ちを払拭してくれるビックリの転職サイトが立ち上がったのでご紹介。その名も「ジョブナス
なんと、このサイトを利用して転職を決めると、10万〜20万円のボーナスが支給されちゃうというのです。


なんか順番逆じゃね?(笑)


先にまずボーナスって、わけがわかりませんが、とりあえず超うれしいですよね。ヤル気もでるってもんです。

そうか、先にボーナスあげるから、半年頑張れっていう制度もいいかもしれませんね。
「先ボー」(笑)
でも後半ダレそうな気もします。

頑張ったら頑張ったで、4ヶ月で次のボーナスあげちゃうとかね。月給は固定だけど、ボーナスはフレキシブルにもらえる制度なんてどうでしょう。題して「フレックスボーナス」。
今の時代、圧倒的に夢が足りないじゃないですか。それを補う施策が必要なんですよね。お金だけじゃ悲しいけど、やはり要るものは要りますので。(笑)

[PR by ブログタイムズ]


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 23:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子ドットコムTシャツデザイン、アイテム増えてまして・・・

双子ドットコムのTシャツですが、タイトル画のpoopのものだけではなく、増え続けております。

先日も、これが売れてましたねー。
サッカーワールドカップ最速出場決定のときのメッセージTシャツをアレンジしたものです。

こんな強烈メッセージを着た赤ちゃん、将来大物になるに違いありません。(笑)

090707hutago.jpg

>>ロンパース詳細を見る(他の色、他の柄もあります。)



にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 05:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

RAY BARBEEと双子ジャズ・ユニットTHE MATTSON 2のユニット日本ツアー

090419jazz.jpg

トミー・ゲレロの盟友であるレイ・バービーと、若干20歳の双子ジャズ・ユニットであるマットソン2によるユニット、レイ・バービー・ミーツ・ザ・マットソン2の日本ツアーが決定した。(bounce.com

レイ・バービー・ミーツ・ザ・マットソン・ツー
レイ・バービー・ミーツ・ザ・マットソン・ツー

またしても彼らのことを知りませんでしたので、ちょっと調べましたところ、レイ・バービーはミュージシャンでありスケートボーダーで、その筋ではヒーローみたいですね。



また、日本ツアーも小さなクラブを回るのですが、あちらでも書店などでキャンペーンをして回っているようです。大変だー。(いや、彼らは人生楽しみまくっているから、全然大変じゃないんでしょうけど。)



なかなかナイスなミュージックですね。
あ、ちなみに双子パパは現役アマチュアジャズマンです。(トランペット)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:47 | Comment(6) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子の裸族って?

090403RazokuFutago-s.jpg
これがその双子の裸族です。
機械に、ふたつのカセットがグサグサと刺さっている感じに見えます。

>>いったい何をするものなのか?何をしているのか?

パソコンのヘビーユーザーでもない限り、普通は一生お目にかかることはないと思うのですが、あっちの世界の方の間では、「双子が出た!」と話題になっているそうです。

こういうのも、また革新的なメモリ技術が出て来て、ガラリと様変わりするのかも知れませんね。双子パパも詳しくは知らないのですが、今流行のミニノート(ネットブック)のハードディスクは、今までとはかなり違うようですね。パソコンをちょっと落としても平気な、強いヤツが入っているそうです。(やはりわかってない・・・)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

今度は双子のホッキョクグマ。

090319kuma.jpg
オランダ・レーネン(Rhenen)の動物園「Ouwehands Dierenpark」で飼育されているホッキョクグマと、誕生後初めて姿を見せた双子(2009年3月17日撮影)。(c)AFP/RICK NEDERSTIGT 【3月18日 AFP】

やはりネズミでもない限り、哺乳類の双子の赤ちゃんというのは珍しいのでしょうか。
今日もまたニュースになっております。

以前うちで飼っていたハムスターが、一度に10匹とか12匹とか産まれていましたので、全然ピンと来ないんですよね。

・・・というか、ハムちゃんたちはちょっと産みすぎですが。

噂には聞いていましたが見たことがなかった、「親が子どもを食べちゃう」現場にも遭遇しましたし。怖かったです。

結局多過ぎて困ってしまい、東急デパートの屋上にあるペットショップさんに無理矢理引き取っていただきました。
あの子達、どこかのお宅でまだ元気にしてるかな・・・

話戻りますが、札幌の円山動物園にもホッキョクグマの双子ちゃんがおり、ブログでかわいい姿を見せてくれています。子供とはいえ、手の大きいこと!さすが熊。猛獣ですね。
しかし担当のヒイズミさん、文章うまいなぁ・・・愛情あふれるレポートをお楽しみください。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 17:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子のマレーグマ。マレーグマってたまらんです。

090317kuma.jpg
米カリフォルニア(California)州のサンディエゴ動物園(San Diego Zoo)で初公開された、生後5か月のボルネオ・マレーグマ(Bornean Sun Bear)の双子。兄Palu(左)と妹のPagi(右、2009年3月16日撮影)。(c)AFP/Tammy SPRATT/SAN DIEGO ZOO 【3月17日 AFP

マレーグマの双子がどれくらい珍しいのかは知りませんが、とにかくマレーグマは好きですねー。

上野動物園にいるんですよ。マレーグマ。(最近行ってないのでいなかったらごめんなさい)人間の子供くらいの大きさでね、ちょろちょろ遊んでいるの見てるとかわいくって、気がついたら30分も眺めていたことがあります。

最近の癒し系動物の代表は、やはりアルパカのはなこちゃんなのでしょうけども、マレーグマもかなり癒されますぜ。
なんだろ?あのずんぐりむっくりの体格がパパに似てるからでしょうか。(笑)

もふもふはなこ


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 23:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

本当に夫婦水入らずの時間を過ごすには?

双子パパママ、新婚旅行はモルディブに行きました。あそこは、無数の小さな島の集合体で、島ひとつひとつがリゾートホテルみたいな感じになっています。一度行ったら一週間お迎えの飛行機は来ないので、もう二人で思いっきり楽しむしかない!みたいな。

時間はたっぷり、コテージの前には、貸切状態の青い青い海ですよ。
何をするでもなく、のーんびり。と言いつつもダイビングや無人島探検など、忙しく遊んでましたけど。楽しかったー。

ああいうリゾートへいつかまた行きたいとは思っているんですが、双子も生まれ、まだ小さいし、子どもの世話に追われて本当にエンジョイするのは難しいのではないかと。

・・・と勝手に諦めていたんですが、ここはええんちゃうか?というリゾートを教えてもらいました。

名前は聞いたことあったんです。クラブメッドの沖縄石垣島、カビラビーチリゾート。

クラブメッドの一番の特長は、プレミアム オールインクルーシブシステム。
旅行代金の中に、航空運賃、宿泊費、滞在中の全食事・ドリンク(アルコールを含む)、お子様を預かるサービス(4歳〜)スポーツアクティビティ、レッスン、エンターテイメントなど、旅行にかかわるほぼすべての料金を含んでいるため、リゾートにいる間はお財布いらずで楽しめるんですって。

もちろんその分、他のツアーよりは高いのですが、お得なキャンペーンなどが随時用意されているのと、閑散期を狙ったり、ロングステイなどでも安くなるので、そんなでもない印象を受けますね。

あとね、クラブメッドで面白いなと思うのが、ここ世界チェーンなんですよ。だから、沖縄なんだけど他の宿泊客が国際色豊かだということ。子どもを預かってくれるキッズクラブにはさまざまな国の子供が集まってくるので、国際感覚を養うことにもつながるんじゃないかなって。
パスポートなしで、外国気分みたいなね。楽しそうです。

うち、来年結婚10周年なんですよ。とりあえずメールマガジン登録しておこうと思います。

PR by ブログタイムズ


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

ドグロマグロ。

ドグロマグロとは、双子ママの造語で、わかりやすく言えば「グロテスクに汚い何か」を指す名詞であり形容詞です。(笑)

そして、最近一番のドグロマグロは、これです。

090304doguro.JPG

ぎょ、ぎょえーーーーー!
何でこんなんになっちゃうの!たった2日間のことです。

ま、片付け嫌いな性分は、多分に両親から引き継いでいると思われますので、自戒をこめて書いてますが、やっぱひどいねぇ。(笑)

ちなみに、検索したらドグロマグロという言葉に似た言葉がありましたのでついでにご紹介。(ドグラ・マグラ)↓

『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説である。構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年に刊行された。

その常軌を逸した作風から一代の奇書と評価されている。「ドグラ・マグラ」の原義は、作中では切支丹バテレンの呪術を指す九州地方の方言とされたり、「戸惑う、面食らう」がなまったともされたりしているが、明らかではない。本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす、と称されている。(ウィキペディアより)

・・・なんだか、ドグロマグロに微妙に似た世界観なのがこわいんですけど。(笑)

著作権が失効しているので、青空文庫で無料で読めます。

もっとこわいのが幻のDVDのジャケットです。
ドグラ・マグラ [DVD]

ひえーーー!
まことちゃんもびっくりです。
一度読んでみたいような、読まないほうが平和な人生が送れそうな・・・


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 13:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

「ピーコ伝」は双子の心に響くか?(さんまのからくりテレビより)

ピーコ伝

さっき、さんまのスーパーからくりTV観てたら、オカマの下地先生が家庭訪問コーナーで、九州の双子ちゃんがケンカばかりして困るというお母さんの悩みに答えてました。

そこで先生が「わたしのバイブル。読んでね。」と一冊ずつプレゼントしていたのがこの本です。

おすぎとピーコがその昔、喧嘩ばかりして淡谷のり子さんに「別々の道を行きなさい!」と言われたことがきっかけで、ピーコは服飾、おすぎは映画の道へそれぞれ進んでいったというエピソードを紹介。
相談の双子ちゃんも、それぞれ客室乗務員とウェディングプランナーという夢があるそうで、それに向かって頑張ってねというような内容だったかな。(あれ?これでは問題解決になってませんね。すみませんうろ覚えで。)

ゲストもぜひ読みたいと言っていた「ピーコ伝」、2001年に出た古い本ですが、全国のオカマさんと双子ちゃんのバイブルとなりますかどうか?

ちなみに糸井重里さんがインタビュアーという対談形式のようです。

ピーコ伝
4822242560ピーコ

日経BP出版センター 2001-10-25
売り上げランキング : 585778

おすすめ平均star
star偏屈バンザイ!
starやっぱり面白いと思う!
star面白かったです♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

最近ハマってる、IQアップ子供顔面マッサージ。(笑)

先日、倉島さんのセミナーに行ってきたのですが、そこで習ったこと、ご紹介します。

彼女はアナウンサーでボイストレーナーなんですが、専門家だけに顔の表情と声、脳の働きなどについてもよく勉強されてます。
それで、今日はセミナーで教わった、「子供の知能指数をどんどん伸ばすマッサージ」のお話をシェアしますね。

まぁ、知能指数が良ければいいってもんではありませんが、良いにこしたことはありません。知能指数が130以上でないと入学できない小学校も、東京にはあるほどです。そんな子ばかり集まっているのも、ちょっと気持ち悪いですけどね。(笑)

さて、倉島さんによれば、知能指数(IQ)は12歳くらいまで伸びるのだそうです。
そもそも、IQ自体、相対的な尺度なので、伸びるというのも変な表現ですが、「まわりの子より頭の発育が早い」ということですし、また中学生くらいになると、完璧な自我というか、自分でいろいろ制御していくようになりますので、素直に能力を伸ばすとしたら、やはり小学生までは大事な時期と思っていいでしょう。

ということで、そのマッサージですが、非常に簡単です。

顔の皮を、いろいろ引っ張ったりつねったりして、グチャグチャするだけ!顔の神経は脳に近いため、何気にいい刺激をおくるそうです。
欧米の実験では、マッサージを継続して続けたほとんどの子のIQが上がったとか。

mimitsubo.gifあと、耳のマッサージもいいらしいですね。耳ツボダイエットというのもありましたが、耳には全身の機関のツボが集まっているので、いつも触ったり揉んだりしているだけで、体が活性化するのだそうです。

似たようなことを、ユダヤ人の教えでも聞いたことがあります。優秀な人材を育てることで有名なユダヤの家庭の生活習慣のひとつは、耳の後ろを毎日念入りに洗うことだそうです。ここにもツボがあることを、古来から気付いていたんですね。

・・・ということで、それ以来毎日子供の耳をモミモミして、顔をクシュクシュマッサージしています。(笑)
上の子なんかは、耳マッサージ大好きで、「気持ちい〜」ってうっとりしています。耳掻きは大嫌いなくせに!(怒)

話変わりますが、女優で芸農人の高木美保さんは、耳そうじ嫌いで絶対しないのだそうですが、年に一度「ゴゴゴー」って耳鳴りがして、ごみの塊がポロっと出てくるそうですね。

ホンマかいな。(笑)

でもそうだとしたら、人間の体ってすごい。
いや、そもそも生きていること自体、科学なんかではほとんど明らかにされていない、最大のミステリーですけどね。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 09:47 | Comment(35) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子であるがゆえに死刑を免れた悪運のいい一卵性の双子兄弟のお話。

本来ならば死刑になるところを、一卵性の双子であることが幸いして、無罪になってしまった兄弟の話が伝わってきました。

【2月7日 AFPより】マレーシアの高等裁での裁判で、違法薬物に関連する罪に問われた一卵性双子の兄弟に対し、どちらが「被告」か特定できないとして無罪の判決が言い渡された。有罪だった場合、絞首刑となっていた。同国のニュー・ストレーツ・タイムズ(New Straits Times)紙が7日、伝えた。

一卵性双子の兄弟、R・サティス・ラジ(R. Sathis Raj)、R・サバリッシュ・ラジ(R. Sabarish Raj)両被告(27)は、2003年に大麻166キロと精製前アヘン1.7キロを密売した罪で起訴されていたが、警察は、2人のうちどちらが違法薬物を実際に所持していたのか特定できなかった。

公判によると、兄弟の1人は、自動車に大量の違法薬物を載せ首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)郊外の住宅に向かっているところを警察に逮捕された。その後、同じ住宅に姿を現したもう1人も逮捕された。

同紙によると、判決理由でザハラ・イブラヒム(Zaharah Ibrahim)判事は、被告が一卵性双子のためDNA検査でも証明できないとし、「罪を犯していない兄弟の1人を裁いたり、絞首台に送ることはできない」と述べた。

その上で判事は、「先に逮捕された兄弟のみが住宅に入ることが可能だったのは明らか」と指摘しつつも、兄弟のどちらが先に逮捕されたかを特定することは合理的にみて困難との判断を示した。

判決が言い渡されると、兄弟は法廷内で涙を流し家族と抱き合ったという。(引用ここまで)

最初に捕まえた、「麻薬を所持していた方」と、後から捕まえた方を留置所でごっちゃにしてしまった?警察のお粗末なのでしょうが、悪運の強さと双子に産んでくれた親に感謝したことでしょうね。

今後は、悪さした分良いことして、社会に貢献して欲しいものです。

しかし、これで変な模倣犯が出なけりゃいいですが・・・


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:20 | Comment(62) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子が顔のしわについての研究に寄与。というニュース。

以前も、乳がんと思春期の関係性というテーマで、双子が研究に役立ったという記事をアップいたしましたが、今度は見た目の環境・抗うつ剤から受ける影響ですか。

うちは二卵性なので、ちょっとこうした対象には選んでいただけないと思いますが、生まれた時の遺伝的体質がほぼ同じ双子は、確かにその後の環境の変化で自身がどう変わるか追跡すれば、その影響は計測できますからね。

そうそう、このサイトでアクセスが多い記事、タバコの影響についても双子がクローズアップされています。


【2月4日 AFPより引用】顔のしわは、遺伝的な要因に限らず、離婚・激やせ・抗うつ剤の使用などストレスに関連した外的要因によっても形成されるとする研究結果が、3日の米形成外科医師会(American Society of Plastic Surgeons、ASPS)の機関誌「Plastic and Reconstructive Surgery」(形成再建手術)のオンライン版に発表された。

オハイオ(Ohio)州クリーブランド(Cleveland)の大学病院ケースメディカルセンター(University Hospitals Case Medical Center)のBahaman Guyuron教授らのチームは、「遺伝子的な加齢速度が同一の」双子186組を対象に、ストレスの度合いと顔の老け度を追跡調査した。

その結果、片方が離婚し、もう片方が既婚・未亡人・独身の場合、前者の方が後者よりも2歳程度老けて見えた。同じく抗うつ剤を使用している方も、使用していない方より老けて見えた。

また、体重も見た目に関係していた。40歳未満の双子では、太った方が老けて見え、40歳以上の双子では、太った方が逆に若く見えることがわかった。

抗うつ剤を常用すると、顔の筋肉が常にリラックスした状態になり、たるみが生じると考えられる。また、激やせは健康と外見の両方に悪影響することが知られている。

Guyuron教授は「(双子の)老けて見える方の人は強いストレスを抱えていることが多い。加齢の仕方は基本的に遺伝子が決定するが、特定の要因が絡めば加齢は確実に早まる。逆に言えば、そうした要因を排除できれば、加齢のスピードを遅くすることができる」と話している。(ここまで)

まぁ、ストレスなく、若々しく行きたいものですが、40過ぎて太めというのは、出来れば遠慮したいところですね。「太め」なパパとしては。(最近の心配事は、肥満遺伝子が双子に遺伝していないか?ということ・・・)

>>顔を引き締める高津文美子さんのフェイシャルヨガDVD


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:09 | Comment(43) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

お友達が話し方・発声法の本を出しました!

090129kurashima.jpg

昨日に引き続きですが、またまた双子パパのお友達が出版されましたのでご紹介させてください。

「みるみる話し上手になる本―あなたの『声力』を磨く実践トレーニング」

倉島さんはフリーのアナウンサーで、ボイストレーニングの講師もされている方なんですが、実は本日1月29日限定のキャンペーンで、この本を買った方に、そのボイトレを実況中継した音声ファイルがプレゼントしていただけます!さらに、抽選でセミナーにもご招待していただけます。

これはお得です。

本1冊分のお値段で、プロのボイトレ受けられるようなものですからね。双子パパも早速申し込みました!

>>キャンペーンのサイトはこちら

いい発声、楽しい話し方で、コミュニケーション上手になりましょう〜。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 17:59 | Comment(56) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

お友達がカンタン薬膳の本を出しました!

双子パパのお友達が本を出版しましたのでご紹介させていただきます。(実は、パパ自身も昨年出版をしたのですが、このサイトはペンネームで運営しておりますので、ご紹介しておりません。著書は本名で書いて、ブログがペンネームというのも変ですが。)

「薬膳美人」アマゾンより

All Aboutの漢方ガイドを始め、テレビ・雑誌取材、大手外食レストランチェーン(ちなみにロイホです)の薬膳メニューの監修、講演会、料理教室なども精力的におこなっている漢方&薬膳コンシェルジュ・杏仁美友さんです。

漢方とか、薬膳なんていうと、とっつきにくいイメージありますよね。
でも、国際中医師、中医薬膳師でもある彼女が今回ご紹介するのは、スーパーで売っている食材(漢方生薬でもある効能高い24種類を厳選)を使って作るカンタンレシピ64メニュー!というものです。しかも中華料理に限らず、家庭料理風なものが多く、とっつきやすいですよ!

「ページの例」アマゾンより

薬膳の基礎知識をわかりやすく解説してくれているページもあり、手軽な薬膳入門編として最適な一冊です。
難しい知識も、手に入りにくい高級食材も必要ありません。毎日の薬膳があなたのキレイとご家族の健康を作りますよー。

この本、売れるわー。マガジンハウスから発売です。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:29 | Comment(48) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

アメリカで何と8つ子ちゃん誕生!!

昨年、ドイツで6つ子ちゃんが生まれましたが、今度はアメリカで8つ子ちゃんです!

何とか全員無事に育って欲しいですね。
そして、みんな元気に大きくなって、大家族の良さを堪能して欲しいです。

いつもお盆と正月に、双子ママの実家に三姉妹の家族が集合するのですが、双子2組、三つ子1組、プラス1人で、子ども計8人!
それはそれは楽しく過ごします。毎日修学旅行か、合宿かって感じです。

そんなんと比べるなって?
確かに。(スミマセン)

「米メディアによると、ロサンゼルス郊外の病院で26日、男児6人、女児2人の8つ子の赤ちゃんが誕生した。
AP通信は、8人の赤ちゃんが生存したまま生まれたのは、1998年に米南部テキサス州で例があり、世界で2例目と報じた。
18人の医師による帝王切開で、順調に出産。8人の体重は約680グラムから1470グラム。病院の医師は地元メディアに「8人とも健康状態は良く、元気に泣いている」と語ったが、今後2、3日間は注意が必要と述べた。
98年12月に米テキサス州で女児6人、男児2人の8つ子が誕生した際には、約1週間後に女児1人が死亡した。APによると、残りの7人は成長して昨年に10歳の誕生日を迎えた。」
引用:【ロサンゼルス26日共同】2009/01/27 12:53

追記:八つ子を出産の女性、すでに6人の子持ちだったと 米報道
1月30日19時48分配信 CNN.co.jp

(CNNより引用)米カリフォルニア州ロサンゼルス郊外ベルフラワーの病院で26日に八つ子を出産した女性が、すでに6人の子持ちだったと、米誌ロサンゼルス・タイムズが女性の母親の談話として伝えた。女性は一気に、14人の子供の母親になったことになる。

同紙は、八つ子の祖母にあたるアンジェラ・スールマンさんの談話を掲載。女性の子供は現在、2─7歳だという。

また、スールマンさんは、娘が昨年、不妊治療を受けていたことを明かした。これにより、八つ子の赤ちゃんは自然妊娠ではなく、受精卵を子宮内に戻したことから誕生したことが判明した。

出産女性の氏名など詳細は、プライバシーの観点から女性が回復するまで明らかにしないよう、病院側が各メディアに要望している。

八つ子の赤ちゃんは、帝王切開でわずか5分間で生まれてきた。医師らは事前の超音波検査で、七つ子だと考えており、8人目の赤ちゃんを見つけた際には、本当に驚いたという。

男の子6人と女の子2人で、出産直後は3人が呼吸補助機が必要だったが、現在はすでに全員が、自発呼吸している。

米国では1998年に、テキサス州ヒューストンで八つ子ちゃんが生まれており、全米で2例目の八つ子となった。しかし、ヒューストンの八つ子ちゃんの1人は、誕生後に亡くなっているため、全員が無事に育てば全米初となる。(ここまで)

・・・驚きですね。6人子供がいるのに、さらに不妊治療までしたのか、なかなか子供ができずに養子をたくさんとって、不妊治療を続けていたのかわかりませんが、すご過ぎて言葉がありませんです。

追記:ママの背景が明らかに〜不妊治療ビジネスの現状
>>アメリカの医療制度に対して、各国から非難が(記事リンク)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 13:10 | Comment(19) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

ポケモンのテプラ、キーボード世代の子どもの教育グッズに最高かも。

ポケモンのテプラ

ポケモンのテプラがあるんですねー。かなりインパクト受けました。特にポケモンのカプセルに似せた造形のあたりが、購買意欲を刺激します。(笑)

うちの双子も春から小学生ですが、名前を付けないといけないもの、かなりたくさん出てくると思いますので、自分でやらせるのにいいかなと。ヤル気マンマンで取り組む姿が目に浮かびます。

なんといってもキーボードの練習になりますから。「変換」ボタンで漢字の学習にも役立ちそうです。つまり、知育玩具的な部分がありながら、実用品でもあるという、なかなかの逸品だと思います。

これからの子は、良くも悪くも文字を「書く」よりは「打つ」世代になっていきますからね。
小さいうちから慣れておくのは、いいことだと思います。

その前にパソコン触り始めるのかな?(笑)
しかし、テプラのキングジム、ポメラもヒットさせたし、なかなかやりますねー。

>>ポケモンのテプラ


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

岩手の勉強に行ってまいりました。

双子パパ、先日お誘いいただきまして、岩手県の文化を勉強する会に参加させていただきました。
岩手と言えば、「黄金の國、いわて」というキャンペーンを通して、平泉を中心とする黄金の文化、そして郷土色豊かな食文化を全国にアピールしている真っ最中のアツイ県なんです。(PR by ブログタイムズ)


岩手には、パパの友人が住んでいることもあって、興味津々で出かけました!

09012001.JPG

さて、最初は平泉文化の魅力についての講義です。中尊寺金色堂は学生のころ、歴史の時間に習いましたが、その背景にある物語は、大変興味深いものでした。
その昔、金がたくさん産出され、自然の資源も豊かだった東北は、国家並みの財力をもとに、平泉を中心に栄華を誇りました。しかしその黄金文化は、たった100年足らずで中央の勢力に滅ぼされるという、はかない運命をたどるのです。
写真の蓮の花は、中尊寺に安置されている奥州藤原氏の遺体(ミイラです!)といっしょに納められていた、古代の種から咲かせたものです。すごいですね。蓮は、極楽浄土のシンボルとして、無事にあの世へ行かれるように、添えられたのです。ロマンを感じますね。

09012002.JPG

2時限目(笑)は、岩手の食文化です。
岩手と聞くと、双子パパがパッと思いつくのが盛岡冷麺、わんこそば、じゃじゃ麺の三大麺や、三陸の牡蠣ですが、今回はもっと土着の伝承料理について講義、試食させていただきました。
かなり大雑把に言いますと、岩手の北の方はそば文化、南の方はもち文化なのだそうです。今では、東北は米どころという印象がありますが、昔は米が取れにくい地域もあり、各所で独自の穀物文化が生まれ、伝承されています。

09012003.JPG
(郷土のおやつ:左がきりせんしょ、右が豆しとぎ。)

おやつも素朴で味わい深かったですね。豆を米の粉で練っただけの、豆しとぎがパパ的にはヒットでした。自然の甘味が、じわーっと口の中で広がります。
こういう本物の味を、現代の「化学お菓子」に慣れてしまったうちの双子なんかにも食べさせてあげたいものです。

いやー、もっと知りたい、もっと味わいたい!と思ったところで、今回の会は終了となってしまいました。帰宅後、岩手の友人にメールしたら、「うめぇ餅、食わせてやるから、早くこーい!」と速攻で返事が来ました。
もう〜!訪ねてみたい県の筆頭に上げさせていただきます!


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム
双子妊娠&子育て情報サイト「双子ドットコム。」のトップページに戻る

Copyright (C) 2005-2012, Hutago.com All rights reserved.