双子の小惑星?・・・やはりギリシャ神話がネタ元でした。

イトカワ同様、内部はすかすか=双子の小惑星アンティオペ−パリ天文台など

4月10日4時31分配信 時事通信

火星と木星の間にある珍しい双子の小惑星「アンティオペ」は、日本の探査機「はやぶさ」が着陸した小惑星「イトカワ」と同様に、岩石片が集まってできており、内部にすき間が多いことが分かった。

パリ天文台などの研究チームが10日までに、南米チリにある欧州南天天文台の大型望遠鏡などを使って精密に観測した成果を、米惑星科学誌イカルスに発表した。

hutagohoshi.jpg

ん???

アンティオペとは?

調べたら、やはりギリシャ神話の登場人物でした。(星の名はほとんどここから来てますよね。)

以下お話。。。。なるほどね。だから双子の小惑星なのねー。(いつもながら激しいお話です。)


カドモスが撒いた竜の歯から生まれたスパルトイの子孫が、王女アンティオペ。
ゼウス好みの大変な美女だった。
彼女は寝ている間にサテュロス(もしくはアンティオペの恋人エポーペウス)に扮したゼウスに愛され、そして案の定身ごもった。

厳しい父の怒りを恐れて、アンティオペは子供が生まれる前に恋人のシュキュオーン王エポーペウスの元に逃れ保護された。
しかしエポーペウスとの交際もかねてから父と叔父に反対されていたこともあり、二人がシキュオンを攻撃するべく軍隊を率いて攻撃してきた。
この戦で父ニュクテウウスと叔父リュコスは重傷を負った。
死の間際、ニュクテウスは遺言を残した。
それは、シキュオンを再度攻撃しエポーペウスを殺害し、娘アンティオペを連れ戻して欲しい、との事。

果たして叔父リュコスはその遺言を実行し、アンティオペをテバイへ連れ戻した。
アンティオペは帰路にある中、ゼウスとの間にできた双子の男の子を出産したが、悲しいかな、その子供たちはキタイロンの山の中で死んでしまうようにとリュコスの命令によって捨て子にされた。
そしてアンティオペはそれから20年もの間、残忍なリュコスの妻ディルケによって虐待され、ひたすら耐え忍んだ。

こんな逆境の中、見かねたゼウスはアンティオペを外に連れ出した。
一日中、アンティオペはキタイロンの山道を登り、夕方には山のくぼ地にある羊飼いの小屋にたどり着いた。
そこでアンティオペは二人の羊飼いにギリシャの伝統的なもてなしを受けた。
アンティオペも羊飼いたちもこの時は知らなかったが、出産後生き別れになった実の親子だった。

双子はアムピオンとゼトスと言い、生まれてすぐに山に捨てられたが、その後寒さで凍え死ぬ事もなく、野獣に食われることもなく無事に成長していたのだ。
もちろんこれは天からゼウスが、どのような危害にも遭わないように取り計らっていたからである。
双子は捨てられてまもなく、子供のいない羊飼いに拾われ、大切に育てられていた。

とは言え、アンティオペは二人のことを見ても自分の息子だとは分からなかったし、それは子供たちも同じ。
だから、ディルケが逃げたアンティオペを捜索に来たときに、双子はあっさりと引き渡してしまった。
恐らく、ディルケはテバイの宮殿に着いたらアンティオペに死に至るほどの拷問を加えるだろう。
ディルケ一行が去ってまもなく、双子の養父である羊飼いが慌てふためいて駆け込んできた。
「おまえたちが引き渡した女は、……生母アンティオペだぞ!」
なぜかゼウスは養父のほうにアンティオペの正体を明かしていたのだ。

そこで双子は慌ててディルケとアンティオペを追いかけた。
双子が彼女らに追いついたのはテバイに到着する寸前だった。
アンティオペがこれまでの苦難を息子たちに語ると、二人の息子たちはディルケの髪を牛の角に結びつけ八つ裂きにしてしまった。
これに対してディルケの夫リュコスが剣を抜いて二人に向かったが、若いアムピオンとゼトスのほうが強かった。

二人がリュコスを殺そうとしたまさにその時、現れたのがゼウスの使者のヘルメス。
ヘルメスはリュコスに、テバイの支配権をアンティオペとゼウスの子に譲り、そしてディルケを火葬にした灰をかつてカドモスが竜と争った「アレスの泉」に撒くように、とゼウスの命令を伝えた。
この事から、以降「ディルケの泉」と呼ばれることになる。
テバイはアンティオペの二人の息子、ゼトスとアムピオンが支配する国となった。
そして、宿命的な「ハルモニアの首飾り」の持ち主になったのは、この後ヘルメスの勧めでアムピオンが結婚したニオベに送られることになる。
続きを読む


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子の運命〜異なった環境で育った双子はどうなる?

双子の親にとってすごく興味深い追跡調査の結果がありましたので、ご紹介します。

生まれてすぐ離れ離れになった一卵性双生児が、長い年月を経て再会したとき、彼らの好みや生活態度はどのようであったか、一つの実例を紹介しよう。

ジャックとオスカーという一卵性双生児の話である。
この二人は、第二次大戦が始まるすこし前、ドイツに生まれた。
そして、生後6カ月で二人は離れ離れになる運命にあった。
ジャックは、ユダヤ人の父と一緒に戦争が終わるまでトリニダードに住んでいた。その後、新興国家イスラエルに移住しキブツで働く。
それから、アメリカに住いを移すまで、イスラエルで兵士をしていた。
一方オスカーは、ナチス時代のドイツで、カトリック信者の母のもとで成長した。
彼は、ヒットラー・ユーゲントの一員にもなった。
そして、ナチスドイツの第三帝国の崩壊と戦後の連邦共和国の成立を、体験することになった。
ジャックは、アメリカ・カルフォルニア州のキユーラ・ヴィスタで電気器具商を営んでいた。オスカーは、ドイツで工業エンジニアとして働いていた。

この二人が47年ぶりに再会することになったのである。
勿論この二人の外見は、びっくりする程酷似していた。
全く連った生活環境に育ったにもかかわらずである。
ジャックとオスカーは、身長、体重とも全く同じであった。
視力は二人とも悪かったが、一方は左目で、他方は右目という具合であった。
ジャックとオスカーの顔かたちは、勿論そっくりであったが、口ひげを同じようにはやし、問じような眼鏡をかけているので、その類似性にますます拍車をかけているのであった。
ジャックは貸家であり、オスカーは一戸建て住宅を所有していたが、両方とも大柄の模様の壁紙が目立っており、家具調度の趣向もよく似かよっていた。
二人は、手首にゴム輪をはめているし、ライターにもゴムひもをまく。
雑誌は左手で持って、終りのぺージから、前の方へとめくっていく。
朝食の食べ方をいえば、二人とも同じようなやり方で、トーストをコーヒーの中にひたし、バターを極端に厚めにつけるのである。
さらに、二人とも、かなりの目立ちたがり屋である。
いずれも、他の人連と比較的静かな場所に座っているとき、たとえば大きな音を立ててくしゃみをするなどして、そこに居合わせる人達をびっくりさせるといった性格の持ち主なのてある。

ただ、女性に関してはやや違っていた。
ジャックは、離婚歴があるものの、現在は新しい妻、四人の子供と平和な生活をしている。
オスカーは、長いこと、幸福な結婚生活を送り、二人の子供をつくっている。妻の選択については、あまり共通点はない。

このように、生活歴の全く異る一卵性双生児において、極めて類似しているものから、あまり似かよったところがない点などさまざまである。

体格、癖、無意識行動、趣味・趣向といったものは、遺伝規定性が強そうである。
いわゆる性格についての双生児研究の結果によると、一卵性双生児の性格の核心というものは明らかに似ていることが知られている。
また性格を構造的に考えると、一卵性でほとんど常に一致している構造部分から、かなりの不一致を示す構造部分まであることも分っている。
一般に、身体的機能に近い活動性は、遺伝規定性が強く、環境に対する抵抗性の強い構造部分である。
この上の構造として、根本気分、情動、意志、自我感情があげられるが、この順で環境による影響を受けやすくなるといわれている。
また、性格類型の違いによって、一卵性双生児の違いに差の大小がみられる。諧調性性格と自閉的性格は、環境の影響に対して比較的に安定している。
自己不信、過敏被刺激性、意志薄弱などの類型は、比較的に不安定であるという。
ジャックとオスカ−は、どうやら諧調性性格とよばれる性格の持主のようである。
また、配偶者の選択についても、遺伝型は、重要な働きをしないようであり、ホッとする話である。

現代のエスプリ No.207 「遺伝と環境」(至文堂、1984刊)の「双生児研究」の解説より引用


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 11:06 | Comment(33) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

ふたごならではだなぁ。。。

そういえば、最近こんな記事もありましたね。

のぞみさん、ひかりさんが入社 JR東海
4月2日23時4分配信 毎日新聞

◇JR東海に、東海道新幹線の名称と同じ双子の姉妹、和田望(のぞみ)さん(20)と光(ひかり)さん(20)が入社した。東京都内の短大を卒業し、運転士を目指す「プロフェッショナル職」で採用された。

◇のぞみのデビューは92年3月で、姉妹の名前が新幹線名と一緒になったのは偶然だが、のぞみ開業記念式典でテープカットも経験した。

◇望さんが「幼稚園のころからのぞみの運転士になりたかった」と言えば、光さんは「まず窓口でひかりの切符を売り、将来はひかりの運転士になる」。【高塚保】

頼もしい限りです。うちの子も、早くから人生の目標を持てる人間になって欲しいと思っています。
自分が、何の考えもなく、ただ大学行って、会社員になって、と回り道してしまいましたから、そういうことはさせたくないですね。なんだっていい。自分が夢中になって出来る仕事を持つことが、一番幸せだと思います。

親としては、そういうことの、道標だけになってやりたいと、そう願う今日この頃です。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 04:45 | Comment(35) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子家庭には浮気は関係ないとは思いますが、、、

見てました?

ユースケのドラマ「今週、妻が浮気します。」
自分は、あんまりドラマ見ないほうなので、チラチラでしたが、カミサンはしっかり見ていたみたいです。

何か思うところがあったんでしょうか。(笑)
しかし、いざとなったら、女性のが開き直って強いんでしょうね。
パパたちは悲しいモンです。

さて、双子親(特にママ)は浮気しているヒマも余裕もないとは思いますが、パパのほうは、そんな一生懸命のママに子育てを押し付けて、外で遊んでいる人もやはりいるみたいですね。
浮気は病気ですので、する人はどうしてもやめられません。
ですから、最悪の事態を招かないように、見張っておく必要はありますね。

そこで、浮気調査に関する情報ページを作ってみました。
パートナーの、浮気の調べ方(素人でも出来る浮気調査方法)です。
いずれも、プロの探偵さんたちが伝授していますので、ケータイのロックや履歴消去など、その程度でしたら一発で解決しますよ。(笑)
あ、間違っても浮気を見破られないようにという防御策で購入するのはお控え下さいませ。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 14:34 | Comment(43) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子パパのうちの双子の現状は???

この双子ドットコム、一応ポータルサイトのつもりでございますので、いわゆる「双子育児日記」は書く予定はありません。

あくまでも双子子育ての一般的な情報をアップしようと思っています。

生まれた直後の日誌をもとに、「365日」のコーナーはたまに書いていますけどね。
でも、あれは完全に過去のデータですので、「日記」というよりは、「情報」ですね。生後何日目は、例えばこんな感じ!という具合です。

では、うちの双子の現在はどうなんでしょう??というお話ですが、実は奥様が画像入り日記ブログを書いています。
いま、うちの双子は、3歳半になっています。(2003年1月生まれ・男の子2人)

かなりうちの日常が晒されてますので、ちょっと恥ずかしいのですが、「管理人さんのところの現状はいかがですか?」というコメントをいただきましたので、ご報告させていただきました〜。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:47 | Comment(39) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

未熟児とは

未熟児とは

LEOは2130gの未熟児で生まれましたが、そもそも未熟児って何?ってことで、関連用語とともに調べてみました。

●未熟児の定義…出生体重が2500g未満の新生児

さらに、厳密に言うと未熟児はこのように分けられます。

・超低出生体重児(超未熟児)…体重1000g未満
・極低出生体重児(極小未熟児)…体重1500g未満
・未熟児…体重2500g未満

早産による未熟児の場合、各臓器が未熟で、それに関連した機能障害による様々な病気が発生することがあります(もちろん全てではありません)。

妊娠32週以降の早産で赤ちゃんの体重が1200g以上で、NICU(新生児集中治療室)に入院した場合はほとんど問題なく発育します。

妊娠27週未満、赤ちゃんの体重が750g以下の場合、障害が残る場合があります。「場合がある」というだけで、障害が残らなかった元気な未熟児ちゃんもたくさんいます。

双子、多胎児はどうしても小さく生まれるものです。頑張って、大きく育てましょう。


●NICU(新生児集中治療室)とは

小さく生まれた赤ちゃんは、クベース(保育器)に入ります。クベースのは体温調節が上手に出来ない赤ちゃんの為に、快適な湿度、温度に設定されています。
周りにはモニター、酸素、人工呼吸器、輸液、栄養チューブなど様々な器具が配置されています。

モニターについて:
赤ちゃんの胸や手足に電極がついていて、それが呼吸や心臓の状態などをモニターに数字や波形として表します。
呼吸や心拍に変化があったり、電極がはずれると警報音が鳴るようになっています。
モニターは始めの頃は大きめだが、週数が多くなり安定度が増すと小さいサイズになって行きます。

酸素濃度について:
空気中に含まれる酸素は21%くらいですが、これ以上の酸素が必要になるため、肺が未熟な赤ちゃんが呼吸困難な場合には血液中の酸素量をはかって、赤ちゃんに合った酸素を与えます。ですから、酸素の濃度はその赤ちゃんによって違います。

人工呼吸器:
自分で呼吸できない赤ちゃんのために、口のなかに管を入れ必要な酸素と炭酸ガスをうまく交換させることができる機械です。

光線治療:
黄疸がある程度超えたときこの治療をします。光線から目を守るために、赤ちゃんはアイマスクをつけます。

栄養チューブ:
未熟児の赤ちゃんは直接おっぱいを飲む力が極めて弱い為、飲めるまで鼻や口からチューブを胃まで通し、注射器に入れたミルクを流します。


●胎児発育遅延児とは

発育が充分でない新生児を胎児発育遅延児と言います。在胎週数と推定体重で発育状態が判定されます。以下のケースがあります。

・染色体の異常、子宮内感染、先天性形成不全、妊娠中の喫煙やアルコール摂取、その他の有害物質(放射線や薬剤など)、先天性代謝異常などで、胎児の身長、体重、頭囲が平均より小さい。検査による診断が必要です。
・妊娠中毒症、多胎などの妊娠合併症や母体の病気などで身長と頭囲は平均だが体重が少ない。この場合生後まもなく低血糖、低カルシウム血症、多血症が起こるため、早期の治療、観察が必要です。
・体質的(家系的)に体が小さい。

発育遅延は将来の生長発育にも影響するため、定期健診をしっかりする必要があります。


●カンガルーケアとは

カンガルーの親子のように、お父さんお母さんと赤ちゃんの皮膚が直接触れ合うように抱っこする事です。以下の効果があります。

・赤ちゃんの呼吸が規則的になり、体温も安定します。
・赤ちゃんの眠りが深くなり、起きている時も穏やかになります。
・肌の触れ合いを通して赤ちゃんの事がわかるようになります。
・母乳の出が良くなり、母乳保育が進みます。

ブラジャーをはずして、裸の赤ちゃんを胸の間に乗せるように縦抱きにします。15分くらいは、赤ちゃんは居心地のいい場所を探してモゾモゾします。
赤ちゃんの週数が34週を越えていたら乳首を口に含ませてみます。
カンガルーケアは赤ちゃんの状態が落ち着いていて、週数が32〜36週の間が一番効果的です。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

赤ちゃんのお風呂の入れ方

赤ちゃんのお風呂の入れ方

1ヶ月も過ぎますと、大人といっしょにお風呂に入れてあげられます。いっしょに入れるってのがうれしいですね。
何よりベビーバスは、腰が痛い。。。(かがんで、しかも踏ん張るから。)お風呂は、浮力もあるので何かと楽です。段取りさえうまくいけば、絶対こちらの方がいいです。お風呂の温度も冷めにくいし。
お風呂ですと、今まで入れていたようなベビー入浴剤は入れられないですけど、ちゃんとキレイに風呂釜洗って、一番風呂に入れてあげれば、衛生面も問題ないと思います。

さて、いざ書こうとすると、どうやって入れてたか、忘れました。(笑)
大変だった頃のことって、どんどん忘れていくんですねー。人間の脳って、都合よく出来ているわ。

●まず、準備から。
上がった時に、服を着せやすいように、重ねてセッティング!
あ、ちなみに、さすがに双子は、大人が2人いないとお風呂入れるのはキツイです。小さいうちは、物理的に不可能ですね。うちは、つかまり立ちできるようになってやっとひとり親でお風呂に入れられるようになりました。

●いざ、入浴。
うちでは、まず湯船につかりました。(冬だったし)お湯に入ると、赤ちゃんの手が、落ち着きなくワタワタしてしまいます。
これってとても不安がるので、大き目のガーゼをおなかに乗せて、手もくるんであげてもいいです。何かつかまるものがあれば、安心するので泣きません。
姿勢は、パパは二の腕に頭を乗っけて、ゆりかごみたいにしてました。赤ちゃんがリラックスできる姿勢で入れてあげましょう。慣れないうちは、そんなこと考えている余裕、ないと思いますが。
温まったら、湯船から出て、ベビー石鹸で洗います。どうしても不安定な姿勢になったりするので、ウレタンマット敷いておきましょうね。
バス・シートとか、バス・クレードルというのがあれば、そこに寝かせ座りさせておいて、自分の体を洗ったりも出来るので、ひとりで入れるときは便利です。少し大きくなったら、バス・チェアーね。

*あせもが出来たりおむつかぶれなど肌のトラブルがあったときは、ちょっと熱めのお湯で入れるといいみたいです。パパは熱いの好きなので、そうでなくてもちょっと熱めなんですが。

●上がったら、
きれいに洗ってあげたら、もう一度湯船に入るか、きれいなお湯を流してあげて、上がります。双子の場合は、もうひとりを連れてきてもらって、チェンジです。
温まっているので、寒い部屋でない限りは、慌てて服を着せなくてもよいです。赤ちゃんはかなり汗かきですので、タオルにくるんで、「蒸気」が引くまで待ちます。ひとりの赤ちゃんなら、その間に親が体を拭いて服を着てしまえば、ひとりでもお風呂に入れられるでしょ?
服を着せたら、水分補給をたっぷり。ミルクか、湯冷ましで。(風呂上りに、よくあったかいミルクなんて飲めるよなー)

お風呂は、まさに段取りの勝負。慣れてくると、自分なりの段取りが出来て、うまく入れられます。で、慣れた頃には、次の段階へ・・・ドンドン大きくなるから、子育てってこれの繰り返しだなぁ。

参考に、ピジョンのサイトで「お風呂の入れ方」ビデオが見られますのでどーぞ。新米パパもイメージ出来ると思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子と医療現場 〜どうやら役に立ってます!

双子であること、それは、医学の見地からしても当然興味深い現象であり、その特性を活かしてこんな研究が行われているそうです。(*注意!双子そのものの乳癌リスクではありませんよー。)
実験台にされるのは迷惑ですが、こんな研究はおもしろいですね。もっと色々な病気について、調べてもいいのでは?(以下引用)


「早い思春期」は乳癌のリスク?、米の双子研究が示唆

乳癌にかかりやすい体質を持つ一卵性の双子では、先に思春期を迎えた方が、乳癌と先に診断される確率が高い−−。米国で行われた「双子研究」から、こんな興味深いデータが得られた。乳癌になる時期と、妊娠や閉経の時期とには関連がみられず、研究グループは「少女の頃に、より早く女性ホルモンにさらされると、乳癌を早く発症しやすくなるのでは」とみている。研究結果は、New England Journal of Medicine(NEJM)誌6月5日号に掲載された。

双子は親から受け継いだ遺伝的な性質が似ており、なかでも一卵性の双子では、こうした遺伝的素因が全く同じになる。この特性を利用したのが「双子研究」と呼ばれる研究。「癌になりやすい体質」のような、同じ遺伝的素因を持った二人を比べることで、どのような後天的な要因(環境因子)が癌の発症につながるかを調べることができる。

米国では1980〜1991年にかけて、癌や様々な慢性疾患にかかった双子に協力してもらい、色々な病気の発症につながる環境因子を調べようという一大キャンペーン活動が行われた。研究に協力してくれる双子の募集に応え、1万7245組もの双子がこの研究に参加。うち6325組は女性同士の双子で、約3分の1が乳癌にかかっていた。

米国Southern California大学附属Keck医科大学予防医学部門のAnn S. Hamilton氏らは、このキャンペーンで見付かった「一方、あるいは二人ともが乳癌にかかった女性同士の双子」に、乳癌に的を絞った研究に協力してくれるよう依頼。快諾してくれた人に、後から見付かった乳癌の双子を加え、総計1811組について胸のふくらみや初経など思春期が訪れた時期や、初めて妊娠した時期、閉経の時期などを調べた。

双子のうち759組は二卵性、1052組は一卵性。乳癌の家族歴があったり、乳癌が両側にできた人では、乳癌にかかりやすい体質を持っている(疾患親和性が高い)と考えられているが、二卵性双子の1割、一卵性双子の2割が、こうした体質を持っていた。

その結果、疾患親和性が高くない双子では、一卵性、二卵性を問わず、初経や初産の時期、閉経の時期など、女性ホルモン量が大きく変動するタイミングと乳癌の発症時期には何の関連もないことが判明。ところが疾患親和性が高い双子では、一卵性双子でのみ、先に思春期を迎えた方が先に乳癌になりやすい(確率5.4倍)ことがわかった。一方、初産や閉経の時期と「どちらが先に乳癌になるか」には、何の関連もみられなかった。

乳癌の発症には女性ホルモンが深く関わっており、乳癌に極めてなりやすい体質の人が、30歳過ぎから女性ホルモンをブロックする薬を飲むと乳癌にかかる確率を半減できることが知られている。研究グループは、こうした「大人になってからの女性ホルモンの影響」のほかに、思春期を迎えた時期が早いかどうか、つまり少女の頃の女性ホルモンの影響も、乳癌の発症に関与しているのではと考察している。

この論文のタイトルは、「Puberty and Genetic Susceptibility to Breast Cancer in a Case?Control Study in Twins」。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:57 | Comment(40) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子とは?そもそもどうやって生まれるの?

双子には二種類あり、一つは、一卵性双生児で、もう一つは、二卵性双生児です。

前者は、受精卵が受精後に二つに分かれ、各々がともに別々の胎児に発達します。一つの精子と一つの卵子から発達するので、全く同じ遺伝的素質を持ち、よく似ています。性別も同じである受精卵の分割が何故起るのかは分かっていないのですが、通常は受精後13日以内におこります。一卵性双生児は双子全体の約三分の一を占めているのです。

後者は二つの卵子が各々、別の精子によって受精し、独立の存在として発達します。これは、間隔の近い二回の性交によって起る場合があるので、父親が違うということもありえる。(マジ?)二卵生双生児は各々が別々の遺伝形質を持っているので、普通の兄弟姉妹と同じようなもので、性別は同じ場合も違う場合もあります。たまたま同時に生まれた兄弟姉妹なんですねぇ。全体の三分の二を占めます。ちなみに、受精の前に卵子が分割し、そのあとにその各々が別々の精子によって受精するという一卵生二精子の説もあるが、まだ実証されていないとのこと。よくわかりません。(笑)

西洋では80〜85出産に1組、日本では120出産に1組の双子、という統計があります。最近、実際は出産される双子の4倍の双子の可能性があるが、生まれるまでに双子の片方が失われてしまうことが超音波検査によって分かってきました。片方が失われてしまうのは妊娠二週間以内のことで、それ以後に認められた双子はほとんど出生します。失われる原因は流産なのか、母体の組織中に吸収されるのか、それはまだ明らかになっていません。

一卵性双生児が生まれるのは偶然によるものですが、二卵生双生児には要因がいくつか考えられます。
まず、母親の年齢が高いほど、双子の出生率も高くなります。出生率が最も高いのは、35〜40才の間で、それ以後は再び低くなっていきます。女性は高年齢になるにつれ、一度に複数の卵子を受精させる傾向があるからなんですね。
次に出産回数が多いほど、また以前に双子を生んだことがあると、双子の出産率が高くなります。
また、母親自身や親類に双子がいると双子を生みやすい遺伝的素質があり、出生率は高くなります。うちもこのパタンですね。
さらに、不妊症の治療にホルモンが使用されるようになって、双子、三つ子、四つ子が生まれやすくなりました。初めは、ホルモン治療をうまくコントロールするのは難しかったのですが、いまでは、一つ、または二つの卵子だけが受精できるようになっています。
妊娠のチャンスを増やすために、一度に4つの受精卵を投入する『試験管べビー』も双子の可能性を高くします。

一人の赤ちゃんならば、母体の子宮でのびのび出来るのに対し、双子の場合それは二分の一ずつ分け合わねばなりません。その影響は、妊娠33週から後期にかけてあらわれます。出生時の体重は一般男子に比べて双子男児は約700グラム、一般女子に比べて双子女児は約600グラム少ないというデータがあります。一般児に比べ、約20〜22%ほど小さく、胸囲も7〜8%、身長も4〜6%、頭囲も3〜4%小さいのです。

次に性、出産順位、卵性別における差をみてみましょう。
まず一卵性の双子同士は、出生時の身長体重について性別差はほとんどないのですが、胸囲と頭囲は男子の方が女子より大きいようです。
又、出産順位の早い子の方が大きい傾向があります。(しかし、それは微々たるもの。)
次に一卵性と二卵性では、二卵性の方が体重が重く、他の身体各部位についても大きい傾向にあります。これは二卵性の双子はそれぞれが卵膜、胎盤をもっていることが多いので、母親の体の中で一卵性の双子よりもゆったりよすごすことができるからではないかと考えられています。
しかし、全体として、二人の差と言っても、眼に見えるはっきりとした差と言えるものではないので、心配する必要はありません。うちも、二人の差は600グラムもありましたが、半年ほどで追いつけ、追い越せ状態になりました!

以上、「双子とは?〜双子の基礎知識講座」でした。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:30 | Comment(56) | TrackBack(1) | 双子何でもコラム

双子は得する?

双子は得します。

得するというか、、、うれしいというか。

まず、街中を2人乗りのバギー(ベビーカー)で歩いていると、双子というだけで「かわいい!」という声が連発します。
そして、声をかけられます。

で、おばちゃんが声をかけてきた時、それはほぼ100パーセントそのおばあちゃんの孫も双子で、かわいい自慢、もしくは自分の子供も双子で、昔は大変だったのよ話をしてくれます。(笑)
そして、不思議なことに、うちの子は二卵性なので全然似てないんですけど、「一卵性?そっくりね。」と言う。

ナゼダロウ???(笑)

たぶん、自分のうちの双子が、一卵性なんでしょうね。おばちゃんは、なんでも一緒にしたがるのだ。

あとね、実際に得したことでは、、、
お店の前で、うちの子がガチャポン欲しい!ってぐずってたら、知らないおじいさんが、「これで何か買ってやってくれ」って、1000円くれたこと、あります。ちょっと怖そうな感じだったので(酔っ払ってたみたいだったし)、すんごい断ったのですが、押し切られてしまった。。。

おじさん、ありがとう。(なんじゃそりゃ。)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 08:58 | Comment(16) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子親サークル

最近双子が増加傾向にあることも手伝ってか、各地で双子サークルが誕生しています。もう、まったく存在しない県はないと思います。

双子親サークルとは、いかなるものか?

建前上は、「同じ悩みを持つ親が集まり、双子の子育てについて語り合う、または相談しあう。」ことを目的としています。もちろん、集会に参加すると、一応そういった討論やお互いの近況報告の時間はあるんですが、でもね、本当の、一番の目的は、、、

「愚痴り場」

「大変自慢の場」

悪い意味で言っているのではありません。普段死にそうになりながら一生懸命子育てしている親たち(特にママ)の、ガス抜きの場なのです。これ、非常に重要!

双子親の愚痴なんて、双子の子育てを知らない人に聞いてもらったって、相手はどんなに大変か知らないから、「年子みたいなもんね。」とか言われて、余計カチンときてもっとストレスが溜まるだけです。だから、同じ立場の仲間同士でないと、愚痴れないんですよね。

あと、大変自慢。もう、言いたくて仕方ないんです。双子親が集まったら集まったで、またその中で「わたしのほうが大変」という小競り合い(笑)があったりします。これは聞いていると結構おかしいけど。やはり、人は何人か集まると、「自分が自分が!」となってしまう生き物のようです。

まあ、気の合う友達がそこで出来れば一番いいですね。とにかく、一人で悩んでないで、仲間を作ることがとっても大切だと思います。もし、双子親サークルに出かけるのを躊躇されているようなら、行ってみること、オススメします。

双子の妊婦さんも、受け入れてくれると思いますよ。先輩たちに、不安なことは全部聞いてしまいましょう。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:05 | Comment(9) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子親がカチンとくる言葉

双子の子育ての大変さは、双子を育てている親にしかわかりません。

世間一般的には「かわいー!」というイメージしかないかもしれませんが、当の本人たちは、言葉に出来ないほどの苦労を味わっています。

そんなとき、何気ないあの一言が、双子親の頭に「カチーン!」ときます。
例えば・・・・・

「大変そうだけど、まあ、年子と同じようなもんよねー。うちも年子なの。」

「ハァ?」(マジャコング風)

「うちもって一緒にしてんじゃねぇぞコノヤロー!」

双子のうちどっちかがひとつお兄ちゃん(お姉ちゃん)だったら、
どんなに楽かって何度思ったか!

言った本人、全く悪気がないので、どーしようもないのですが、
双子親、しばらく根に持ちます。(笑)

辛いよねぇ。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 10:14 | Comment(15) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子親の悩み:こどものけんかとママのストレス

双子親の悩みのひとつが、子供の喧嘩ではないでしょうか。(うちだけだったりして)

特にうちはひどいのかも知れません。男の子2人ですから、壮絶なママの取り合いになります。どっちが抱っこしてもらうかからはじまり、いつのまにやら何でケンカしてるのかもわかんなくなって2人で殴り合い!

よくあります。

というか、毎日です。

というか、10分おきだったりします。(笑)

素手ならまだしも、伸びた爪で顔を引っかいたりしますので、最近(もうすぐ3歳)はずいぶん減りましたが、1歳半から2歳半くらいまでが、顔にはいつも生傷が絶えませんでしたね。

あったかみのある、木のおもちゃも、このケンカの中では凶器になります。(笑)木でも、角っこは、痛いです。わたしもよく、とばっちりでガツンとやられました。子供とは思えない力でやってますので、ちょっと恐怖です。最近、竹の棒で遊んでいて突き刺してしまった痛ましい事故がありましたが、考えただけでもぞっとします。特に変な物持ってたら、気をつけましょうねー。

ママの取り合いは、ママにとってもストレス溜まりまくりなんだよね。
まとわり付かれて、何も出来なくなっちゃうし。
うちでも、仕事から帰っても、何にも夕飯の準備できてなーい!みたいなこと、日常です。
それくらいは、何てことないけど、食事に限らず、ママは全ての時間を子供にとられてしまうから、かなりキリキリしちゃうんですよね。まあ、双子パパたちは、わかっていると思うけど、帰るなりいきなりママが不機嫌で、八つ当たりばかりされることも多いと思います。でも、そういう事情ですから、分かり合うように努力したいものです。
(そういう自分も、理不尽な攻撃にいつも切れてますけどねー。)

双子ママたち、いつも奮闘ありがとう。
世界で一番大変な職業は、双子(もちろん三つ子以上も)ママと言っても過言ではない。

言いすぎ?(笑)まあ、たまにはいいでしょう。本当にお疲れ様です。

ママの取り合い以外では、ほぼ物の取り合いが原因ですね。順番とか、交換という概念が、まったくありませんので(うちだけか?)、ケンカして取り合うしかないんです。犬と一緒です。(笑)

もうこれは、対処のしようがなくて、いけないとわかっていても、ついついおもちゃなど、同じものを2つずつ買うことになってしまいます。双子でない親御さんからは、「しつけ上良くない」って言われますけど、

どーしょーもないんでぃ!

双子親の、とりわけ激しい男の子をお持ちのパパママなら、わかってくれるよねぇ?(涙)
もう、分別がつくまで、被害を最小限に抑えるように、我慢するしかないのよね。
それが、結論かなぁ。。。。(情けない結末だ)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

双子の一方が未熟児の場合、どんな感じ?

うちは、男の子2人のふたごですが、ママのおなかの中にいた時から、一方が少し小さい感じでした。

結局、最初に出てきたMALは割と普通(身長47センチ、体重2744グラム)の赤ちゃんサイズ。
おおお、パパの生まれたときと同じくらいだ。いま気がつきました。

そいでもって次のLEOが、逆子で、しかもへその緒が首に巻きつきながらも、産院のみなさまのおかげで帝王切開することもなく出てこられたのですが、体重が少なかったんです。
身長45センチ、体重2130グラム。ふたごの未熟児としては、全然大きい方なのでしょうが、即保育器の中に入れられてしまいました。確かに、MALと比べると、小さくて、貧相な感じ。(笑)たしかに、4分の3ですからね、大きいですよこの差は。

しかし、その後の成長は、ありがたいことにMALよりスピードが速いくらいで、1月に生まれたんですが、5月ごろから肉付きがかなり良くなってきて、それ以来デブ街道まっしぐらって感じです。

実際、体重は常にMALより1キロ以上重いし、パワーもすごいです。弾丸のように飛び掛ってくると、親でもたじろぎます。
それでも、脳の発達は、生まれてきたときの差がそのままって感じ。MALの方が、いつも先に新しいことが出来るようになります。LEOは、一ヶ月遅れくらいかな。ただ、得意不得意もあって、LEOは言葉に対する感覚が、MALより良さそうだし、ずる賢さなんかはやはりMALのが一枚うわてだったりして、なんとも言えないところですけどね。

まあ、最初は、一方が未熟児だったりすると、差が顕著なのでびっくりしてしまいますが、かならず平均化して行きますから、心配しないことですね。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

笑いが止まらないお尻拭き

うちの子、2歳10ヶ月。まだトイレも出来ないので、「うんちでたー」ってもぞもぞしているのを、おむつ交換します。

この前、LEOのお尻拭いてたら、穴の中から、「玉ねぎ」っぽいものがひょろっと飛び出してた。(笑)

「これ、引っ張ったら取れるかなー」って、おしりナップでつかんで引っ張るが、すべるのと、LEOがなぜかリキんでしまい、全然取れない。

やけくそ、というかおもろくなってきて、大股開いて何とかつかもうとするがダメ。

とうとう諦めて、そのままお風呂に直行!
不思議なことに、お風呂だとすぐ取れるんだよなー。

汚いやら、臭いやらを通り越して、笑いが止まりませんでした。
アイツが大きくなったら、この記事見せてやる。
恥ずかしがるのかな。けっけっけ。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 02:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム

はじめまして。双子ドットコムです。

こんにちは。双子ドットコム管理人の双子パパです。

1年以上もかかってしまいましたが、双子と、双子親のための総合情報サイトを立ち上げることが出来ました。

このサイトでは、(めでたく!)双子を妊娠されて、ちょっとナーバスになっている妊婦さんやご家族、そして双子を育てているファミリーに役立っていただきたいというコンセプトで作っています。

基本的には、うちの双子(MALとLEO)の、出生後一年間の育児日記と、双子の子育てについて考えていることをアップしていきます。

また、双子家庭ならではの、2倍の不要品(笑)の流通もやってみようと思っています。物々交換でもいいし、売っていただいてもいいし、タダであげてもかまいません。

充実したサイトになるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子何でもコラム
双子妊娠&子育て情報サイト「双子ドットコム。」のトップページに戻る

Copyright (C) 2005-2012, Hutago.com All rights reserved.