乳児はとても汗っかき。放射能の過剰な心配よりも水分の補給を優先事項としてください。

乳児のいるパパママには重要な事柄なので、情報をコピーしておきます。学会の共同見解です。(以下)

「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値100ベクレル/キログラムを超過する濃度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解

平成23年3月24日

日本小児科学会:会長 五十嵐 隆
日本周産期・新生児医学会:理事長 田村正徳
日本未熟児新生児学会:理事長 戸苅 創

「乳児による水道水の摂取に係る対応について[平成23 年3 月21 日健水発第2 号厚生労働省健康局水道課長通知])」に基づき、乳児による水道水の摂取を控えるように各自治体から呼び掛けが行われています。

そのため、各地域で、乳児のいる家庭、乳児を預かる保育所、乳児が入院する病院等で大きな混乱が起きています。

しかしながら、この指標値は月あるいは年単位で摂取した場合に設定されたものです。したがって、短期間の摂取では、乳児であっても、健康に影響を及ぼす可能性は極めて低いと言えます。

一方、乳児の水分摂取必要量は成人に比べて多いため、短期間であっても、水分摂取不足は重大な健康障害を起こします。このため、飲用水が確保できない場合には、水分摂取を優先させて下さい。

なお、学会としては、当面の対応として以下のようなことを推奨します。

1)母乳栄養の児では、母親は制限なく食事を摂取し、母乳栄養を続けてください

2)人工栄養の児では、ミネラルウォータを使用してミルクを調整することは可能ですが、煮沸し適温にしてから使用します。一部の硬水では、粉乳が十分に溶解しないことがあります。また、硬水には多くのミネラルが含まれており、乳児に過剰な負担を与える可能性があります。この場合には、水道水を用いる方が安全です

3)離乳食を摂取している乳児では、水分摂取は離乳食からも可能なので、人工乳の量を減らすことは問題ありません

4)人工乳のみを摂取している児で、代用水が確保できない場合には、通常通り水道水を使用して下さい

(以上)心配されるのはよくわかりますが、基準値はかなり余裕をもって設定されています。とにかく水分補給を優先しましょう。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 09:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

新型インフルエンザ感染者がひたひたと・・・ワクチン情報など

新型インフルエンザ、首都圏ではかなり警戒が必要な状況なんていう報道がされていたにも関わらず、通勤電車でもマスクの人は少ないし、実際どうなのよなんて思っていたのですが、ついに双子パパのまわりでも感染者がチラホラ。

双子の通っている小学校の、隣りのクラスの子や、双子パパのお友達の1歳児の赤ちゃんとか。
小学生のコミュニケーションなんて、めっちゃ接触型ですから(笑)、こうなると感染速度は速まるのでしょうね。

さて、対処法ですが、以前は保健所に相談して、、、なんていう特別な感じでしたが、今では普通の医院・病院に行けば、新型か否かの判断、タミフルなどの処方をしてくれますので、怪しいと思ったら、すぐに医療機関へ行きましょうね。
とにかく、今出来ることは感染拡大を食い止めるしかありませんから、早めに動くことが何よりです。

ちなみに、その感染してしまったパパ友の赤ちゃん、タミフルの何かの作用か、夜中にいきなり起き上がって、うわごとを叫んだ後、パタっとまた寝たり、ちょっと不可解な行動をしたとのこと。
小さいお子さんをお持ちのご家庭は、十分に気をつけてください。

厚生労働省も、ワクチンについての発表をしていますね。リンクしておきますので随時確認しましょう。6,000円なら、やっといたほうが良さそうです。

>>厚生労働省新型インフルエンザ情報〜ワクチン関連


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:30 | Comment(34) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

家族が新型インフルエンザに感染したら・・・これだけは知っておきたい対処方法と基礎知識

新型インフルエンザH1N1が本格的に国内での感染拡大モードになりました。逆に言うと、感染はかなり身近になったということです。

情報が錯綜して、ゴッチャになっているといけませんので、重要な部分、対処法と基礎知識をまとめてみますね。

・新型インフルエンザH1N1の基礎知識

今回のインフルエンザウイルスは「弱毒性」であることがわかりました。これは、直接的な意味で「毒性が低い」ということではなく、「ウイルスが感染する部位が呼吸器に限られる」という意味になります。これに対し「強毒性」とは、「全身の細胞で増殖しうる」ということです。

ということで、「弱毒性」=「毒性が低い」という意味ではないが、現実に弱毒性の場合人体へのインパクトが強毒性よりはるかに弱く致死率が低いので、「危険性は低い」とはいえます。ですから、今回のインフルエンザに関しては、極端に恐れることはありません。冷静に対処しましょう。

ただ、誰も免疫を持っていない新型インフルエンザということで、感染力は通常の季節性インフルエンザより高いし、通常のインフルエンザでも毎年1万〜2万人の方が国内でも亡くなっているという統計もあり、油断は禁物です。

・新型インフルエンザH1N1の対処方法

対処の前に、まず予防です。これは通常のインフルエンザと同じです。外から帰ったら、うがいと手洗いを間違いなく子供にも習慣付けましょう。親が率先して実行し、手本となるべきです。
外出時(特に人ごみへ出かけるとき)はマスクは必須です。今日の通勤時も、双子パパを含めて、かなりマスク着用の方を見ました。(首都圏です)

マスクは、米国規格N95、日本規格DS2以上のような高機能のものを使うのでなければ、不織布の使い捨てのものを。ガーゼのものよりはウィルスの防御効果が高いです。
そして使った後は子供が触らないようにきっちり処分しましょう。

さて、問題はアンラッキーにもインフルエンザに感染してしまった場合ですが、新型インフルエンザウイルスH1N1に対しては、抗インフルエンザウイルス薬のタミフルやリレンザが治療に効果を発揮することがわかっています。ですから、あなたや家族が感染しても、パニックにならず、落ち着いて行動を。

万が一、高熱や咳、節々の痛みなどの症状が出たら、保健所や自治体に電話して地域の「発熱外来」設置病院の場所を聞き、そこを受診します。

患者は、なるたけ別室で過ごすこと。部屋の中では家族も感染者もマスクをする。食事は、どうしてもマスクを外すので、患者は一人でとるのが望ましいです。かわいそうですけどね。
患者が使った食器は、他の家族のものといっしょに洗ってOK。洗濯もいっしょで構いません。しかし、患者の嘔吐物がついた衣類などは、漂白剤系で殺菌します。

以上、新型インフルエンザへの対処方法でした。
しかし!H1N1が今後強毒化したり、タミフルに対する耐性を持ったウイルスに変異する危険性は残っていますので、そのときは新たに発表される情報をよくキャッチして対応しなければなりません。

また、この冬に発生しなかった鳥インフルエンザウイルスH5N1は、全身感染を引き起こす強毒性のウイルスであり、稀に人間にも感染、人間に感染したときの致死率は60%にも達します。
今はH1N1が注目を浴びていますが、いつ鳥インフルエンザH5N1が発生するかわからない。ここが一番怖いところです。

このままH1N1が収束しないうちに鳥のほうも発生してしまったら、それこそ本当にパニックになってしまうでしょう。
だからこそ、今回の新型インフルエンザH1N1を練習、といっては語弊がありますが、いつか来るであろうもっと恐ろしいインフルエンザのために、どう対処したら良いのか、きちんと体感しておくことが重要だと思います。

ということで、まだ東京には感染者がいないなんて言っていますが、双子パパは予行演習に励むのであります。
明日は、いつもより40分早い時間に電車に乗って、混雑具合を確かめたいと思います。(今日は20分早い電車で、いつもとほとんど変わらない満員電車でしたので)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 22:39 | Comment(46) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

新型インフルエンザ上陸。いよいよ攻撃本番です。子供を守るグッズを作ってみました。

09051801.jpg

>>こんなん↑(アイテム・配色ラインナップ豊富)とか、

09051802.jpg

>>こんなん↑ですけど。

どっかのファーストフード店のキャンペーンに配色が似てる?
・・・気のせいです。(笑)

双子パパ、もう時差通勤始めましたよ。(東京在住)
人ごみ・混雑を避けるために、とりあえず本日はいつもより20分早い電車に乗りました。

が、

いつもとほぼ同じでした。
ということで、明日はさらに20分早いのにチャレンジです。

いつも4時台に目が覚めるので、どれだけ早くなっても大丈夫です。こんなところで早起きが役に立つとは。

あ、マスクもね、どうせするなら、スカっと爽快なのをってことで、こんなの見つけました。メントールの香りカプセルが塗ってある?やつです。売り切れ続出のようですので、探してみて下さい。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

豚インフルエンザ対策・・・まずは勉強しましょう!

豚インフルエンザ、ちょっと深刻な段階になってきましたね。

こんなもので命を落としたくないですから、どうすれば乗り切れるかを対策しておかないといけません。

と言っても、かかったらダメなので、予防しか手はないわけですね。

新型インフルエンザでは、子供より大人のが致死率が高くなると言われていますが、子供を守れたとしても自分が死んでは意味がありませんから、きちんとした知識と、覚悟をもって望まなければいけません。

やはり一番いけないのは人ごみで感染してきちゃって、それを家に持ち込むことですね。学校も同じです。

子供はコミュニケーションの動物ですから、幼稚園や保育園、学校などは一番感染しやすい場所。日本に感染者が出たら、しばらく休ませるくらいのことは、覚悟しておかなければいけないと思います。

学校の勉強についていけなくなっちゃうからマスクして行かせる?甘いですよ。実際死ぬか生きるかの時に、勉強とかって言えないと思います。

双子パパの会社でも、社長から超時差通勤の話題が出ました。
混んだ電車には絶対に乗らないという意味で、早番は朝の6時台の電車通勤、遅番は昼ごろとかね。それくらい人を避けて移動しないと、新型インフルエンザ予防にはならないんじゃないかと。

最後に、インフルエンザの情報サイトをリンクしておきます。


■新型インフルエンザ記事一覧

新型インフルエンザの脅威には、こう立ち向かえ!

人命か事業か、新型インフルで問われる新たなBCP

新型インフルエンザの脅威【動画】

新型インフル対策、地方の現状・世界の状況小樽市保健所所長 外岡立人氏インタビュー

H5N1型という“敵”に日本が採るべき策国立感染症研究所研究員 岡田晴恵氏インタビュー

新型インフルエンザの“リアル”を語ろう WHOインフルエンザ協力センター長 田代眞人氏

新型インフルを迎え撃つ「3種のワクチン」【書評】

爆発する感染症の実態【書評】

発生は時間の問題、「21世紀のペスト」【書評】

十和田湖の白鳥、ウイルスは強毒型のH5N1型【ニュース】


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 12:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

インフルエンザにかからない体作り〜ポイントは高体温!

インフルエンザ予防でパパが気をつけていることは、とにかく体温を高めに保つことと、適度な湿度です。
経験から実感していることを書かせていただきます。これで、昨年末にママがインフルエンザにかかったときも、伝染りませんでした。

体温が高い体の中では、ウィルスは思うように活動できません。免疫細胞が活発に働くので、やられてしまうからです。
つまり、インフルエンザのウィルスが入ってきたとしても、すぐに撃退できる体にしておけばいいのです。

では、どうやって体温を高く保つかですが、一番は運動ですね。筋肉を動かすことで、体温は上がります。基本です。

しかーーし!実は、夏から12月まで毎朝ジョギングしてましたので、燃焼系の体になりつつあったのですが、冬も本番になり、情けないことに寒過ぎてお休み中。(笑)
もちろん、なるたけ動くことは心掛けていますが。寒いからといって、縮こまっていてはダメであります。

ということで、運動が不足気味の今は、食べ物や飲み物で体温の上がるものを常に摂るようにしています。
ポイントは以下。昔から言われていることですが、

・寒い地域でとれるもの&旬が冬のもの
・黒っぽいもの(白ゴマより黒ゴマ、白米より玄米など)
・芋や根菜類などの地中で育つもの
・スパイシーなもの

ですね。双子パパは、ランチはカレーやチゲ定食みたいな、ホカホカするものを食べることが多いです。多少ニンニク入っててもお構いなし!(笑)
朝食を基本的に食べない(お子さんは体温をしっかり上げるためにも、朝食は絶対摂りましょうね。)ので、昼ごはんは必ずそういうものを食べます。
後は水分をたっぷり。体内の循環を良くする=免疫細胞の活動をしやすくするためにも有効です。もちろん温かいものだと、体温も上がりますね。会社でお茶をガブガブ飲んでいます。

次は、環境的な面。お風呂は湯船でしっかり温まることと、暖房に頼り過ぎないこと。暖房はかけすぎると湿度も下がりますので良くありません。
寒かったら、1枚2枚重ね着してみて、それでも寒ければ少しだけ暖房の設定温度を上げるようにされるといいと思います。

体温が一度下がると、白血球の活動は30%も低下すると言われています。低体温は本当に良くないので、いつもポカポカしてウィルスを寄せ付けない体にしましょう。

そして湿度ですね。
先に書いたように暖房は控えめにして、室内がカラカラにならないように気をつけます。(必要だと感じたら、加湿器を稼動させてもいいと思いますが、手入れを怠りカビなどの温床になっては本末転倒なので気をつけて下さい。)

ここで役立つのがマスクです。ウィルスを吸い込まないようにという意味もありますが、口〜喉に適度な湿度を保ってくれます。
例えば、ちょっと喉がイガイガするかなと思ったら、マスクして寝ると、翌朝スッキリしてたりします。逆に、寒くて空気カラカラのところでそのまま寝ちゃうと、朝起きると喉の痛みが悪化!って経験、思い当たるんじゃないでしょうか。

もちろん人ごみでも必須ですね。パパは満員電車での通勤ですので、このところ車内ではマスクですよ。

こんなところでしょうか。実はうがいがあまり好きではなくって、いつもいい加減にやってますが、それでも今シーズンは何とかやっております。予防接種もしてないし。
とにかく体温を上げてがんばろー!って感じです。あと2ヵ月、バシッと乗り切りましょう。


>>これ良さそうですね。子どもの服や持ち物に噴霧して、抗菌・抗ウィルス!


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:28 | Comment(29) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

双子の片方が吐きます!(月齢1ヶ月ほど)

Q.先日、無事双子を出産しました。
丁度1ヶ月ほどになるのですが一人がこれでもかってくらいによく吐きます。
ゲップをさせても吐くことがあるので焦ります。
中間で1回哺乳瓶を口から離してゲップタイムをとることにしましたが、双子だとなかなかそこまでしていられないですよね???
双子パパさんのお子さんも吐きましたか?
また、もし吐いていたたとしたらいつごろから吐かなくなりますか?
ちなみに今140ccを飲んだり飲まなかったりです。


A.双子パパです。まずは出産おめでとうございます。
いま、一番しんどい時期かも知れませんね。

うちの場合は混合乳だったので、余り参考にならないかもしれませんが、ノートを調べてみたら母乳で足りない分をミルクにしていたので(左右母乳をあげてから粉ミルクをあげていた)ミルクは当時80ccくらいが平均でした。
粉ミルクだけの場合は分かりませんが、母乳は出る量が限られていると思うし(2人で分けているから)大して飲ませられてなかったみたいです。(双子ママ談)
だから140ccも飲むなら全く問題ないと思います。

うちのママの姉は双子、妹は三つ子産んでいるんですが、
ミルク全然飲まなくて、二人とも当時はすごく心配していたけど(母乳は出なかったので粉ミルクオンリー)今では普通に大きく元気に育っているので全く心配ないと思います。

これは多胎児出産親の殆どがみんな心配することだけど、みんなその一年後には悩んでいたことも忘れてしまうくらい大きく育っているので、どうぞ安心してください。

あと滝ゲロのことですが(笑)、これは双子に限らず、半数以上の親が経験していることなので、「赤ちゃんはそういうもの」程度に思っていればいいと思います。
その姪っ子の三つ子たちはただでさえも飲まない上に、90%は戻していていたので(ホント激しかったです。常に洗濯機が回っていた)各々の親はよく「何の栄養も吸収されてないんじゃないか?」って心配していたものです。

で、当然検診の時にお医者様に相談してしていたみたいですけど、少しずつでも大きくなっているから大丈夫!と言われてたらしいです。

参考までに‥‥このサイトご覧下さい。

いずれにしても、次の定期の検診でもう一度相談すればいいんじゃないかなー。(もちろん、あんまり様子がおかしかったら病院行ってくださいね。)
その頃には大して心配しなくなっているかも知れないけど。
いつの間にか大丈夫!な状態になっている。。。
そんなんばっかりです。
頑張って下さいね!


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 17:37 | Comment(24) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

双子は小さく生まれますので、心配です。

こんなニュースがありましたね。双子親としては、ちょっと心配になったのではないでしょうか?双子はかなりの確率で小さめに生まれますからね。うちの子も、ひとりは2000グラム台前半で、1週間ほど保育器に入っていました。

スウェーデンでの調査ということで、多少傾向は違ってくると思いますが、母数も大きいので、無視は出来ないレベルと言っていいでしょう。
さらに、セロトニンが原因だとする推測が合っていれば、ほぼ正確な事実と考えざるを得ません。

ただ、こうした先天的な要因があっても、後天的(育て方や環境など)な要因のフォローによって、その確率は必ず下げられるはずです。このあたりの、さらなる研究を期待しますね。それが本当の医学というものです。

しかし、男性だけってのが腑に落ちませんな。


「出生時の低身長は男性の自殺リスク高める」

出生時に低身長だった男性は、正常な身長で出生した男性に比較して自殺企図(念慮)が高く、さらに、暴力的な自殺を選択する割合が2倍以上高いことが明らかになった。暴力的な自殺とは、首り、銃やナイフの使用、高所からの飛び降り、車への飛び込み、入水など。

研究は、1973年〜1980年に出生したスウェーデンの男性約32万人を対象に実施されたもので、出生時に低身長(47cm未満)男性の自殺リスクは、成長後の身長にかかわらず高いことが明らかになった。成人後の低身長の場合も自殺リスクが高く、出生時は正常でありながら成人後の低身長男性は、身長のより高い男性に比べて自殺企図が56%高かった。自殺企図は、身長が高いほど低かった。

研究では、低体重(2,500g未満)で出生し、成人後に正常な身長になった男性も暴力的な自殺企図が2.5倍以上高いことも明らかになった。また、早産で出生した(ゆえに低身長低体重)男性は、妊娠38週〜40週で出生した男性に比較して、自殺企図が4倍以上高かった。

研究著者は、脳内化学物質のセロトニンがこうした結果を引き起こす因子ではないかと推測している。セロトニンは、脳の発達に重要な物質で、そのレベルが低いと衝動的で攻撃的な自殺行為の原因になるが、子宮内での成長が制限される早産などの状況が、セロトニンレベルに影響することが考えられる。研究結果は、医学誌「Journal of Epidemiology and Community」2月号掲載された。

(ヤフーのニュースより)

「セロトニン」

脳内の神経伝達物質のひとつで、必須アミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成されるもの。ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、精神を安定させる作用がある。
セロトニンが不足すると感情にブレーキがかかりにくくなるため、快楽から抜け出せずに依存症に陥ったり、うつ病になりやすいなどといった指摘もある。


*参考サイト:
・脅威の身長法でわが子の身長はまだ伸びる!
・噂の「背が伸びる」サプリとは?
・身長は遺伝で決まると思い込んでいませんか?


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 13:07 | Comment(29) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

インフルエンザ&タミフル情報⇒その2

双子パパです。参りました!うちの双子の下の子が、インフルエンザ発症です!

保育園で、ちょっと熱があり連れて帰ってお医者さんに行ったら、インフルエンザの可能性があるから、ウィルスが行き渡った夕方にもう一度来なさいと言われ、再度検査受けにいったら、ビンゴ!だったそうです。

さて、大変です。この子で塞き止めなければ、うちはクリスマスとかお正月が壊滅しますぜ!

まずは治療ということで、インフルエンザの薬は、、、

タミフルドライシロップが処方されました。(シロップといっても粉薬。朝・夕食後)

薬はパパが取りにいったので、薬剤師さんに
「小さい子(5歳)でも処方アリなんですか?」
と聞いたところ、

「小さいお子さんは、実はかえって大丈夫と判断されていますよ。」

とのこと。ティーンの異常行動による事故が相次いだため、タミフルとの因果関係が取り沙汰されていますが、現状では関係は薄いのではないか?というのが厚生省の判断だそうです。

前回のインフルエンザ情報で、10歳以下には基本的に処方しないと引用しましたが、少しずつ変わっていくようです。(親の同意は必要です。)

念には念を、ということで、異常行動を調べて、妙なことが起きたのは、ほとんどが初めてタミフルを服用したときだったことから、初めて飲ませたときには、「数時間は一人にならないように様子を見てください」ということが、薬の説明書に書かれていました。


タミフルドライシロップについて、こんなおまけもついていました。以前も書きましたが、苦い薬を飲むときに、一緒に服用すると飲みやすいものと、余計飲みにくい味になってしまうものを書いた紙!

・苦いと感じにくいもの⇒チョコレートアイス、ヨーグルト、スポーツドリンク、イチゴ味ヨーグルト、ココア、オレンジジュース

・味が変化して余計飲みにくくなるもの⇒乳酸菌飲料、バニラのアイス、りんごジュース

水で飲めれば一番いいですけど、嫌がって薬と一緒に飲ませる場合は、このようなものに混ぜ込んで飲ませましょう。



自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック!

KENSA.BIZの郵送検査キット


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:04 | Comment(19) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

インフルエンザ大辞典〜双子家庭は必見です!

双子が同時にインフルエンザにかかったら???
親までいっしょにかかってしまったら???

ううう、かなり恐怖ですねー。絶対にかかりたくない!
双子パパ、友達に薬剤師のママさんがいるんですけど、彼女のメールでインフルエンザ対策をいろいろ教えてもらいました。
岡山のりんごさん、ありがとねー!


インフルエンザ予防の基本は、手洗い、うがい、室内では適度な湿度です。

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が下がり、感染しやすくなるので、室内は湿度50〜60%に保つことが予防に効果的です。

ところで今年、厚労省は、「ひろげよう咳エチケット」を標語にかかげ、「うつさない配慮も大切」と呼びかけています。

・咳の際には、ティッシュなどで鼻と口を押さえる。
・ティッシュは蓋付きのゴミ箱に捨てる。
・症状があればマスクを着用する。

すぐにできそうなことばかりですね。

それでもインフルエンザにかかってしまったら、治療の基本は安静です。
薬を飲む飲まないにかぎらず、小さな子どもからは目を離さないことが大切。

インフルエンザの治療には、ウイルスの増殖を抑えるタミフルやリレンザ、シンメトレルや漢方薬が使われます。

タミフルをめぐって服用後の異常行動が問題になりましたが、因果関係はまだはっきりしていないようですね。

10歳未満はそもそも対象外ですが、10代の患者への投与も原則控えるようにと警告がでています。
投与の場合も、事故防止のために治療開始から2日間は一人にしないように求められていますので注意しましょう。

実際保護者の方にタミフルの処方を希望するかどうか確認したら、半分くらいに減ったというデータもあるようです。

そこで、タミフルの代わりにこちらをと注目されているのがリレンザです。
ただしリレンザも、服用後の飛び降りは報告されていませんが、大声で叫ぶなどの副作用報告はあるようです。
専用の吸入器で吸うので、小さいお子さんだとうまく吸えないこともあるかもしれませんね。

副作用が心配ということで、漢方薬の麻黄湯などもよく使われているようです。
しかし、いくら漢方薬でも人によってよく見極めて使わないと副作用があるのでよく専門家に相談してからにしましょう。

実はインフルエンザのほとんどは安静を保つだけで治ります。
ここで注意ですが、タミフルを使わなければ大丈夫と思わず、インフルエンザになったことで異常行動が見られることもあるので、服用の有無にかかわらず2日ほどは子どもから目を離さないことが重要です。

でもできればしっかり予防をしてかからないで過ごしたいものですね。

さて、次はインフルエンザの予防(ワクチン)接種について。

ワクチンの接種は、通常2回で1〜4週の間隔で行うことになっています。
できれば、3週ぐらいあけるのがいいようです。
ただし、のんびりやっていると予防接種の効果が出る前にインフルエンザにかかってしまうかもしれないので、12月に入って受けられる方は、詰めて早めに受けてしまったほうがいいかも。

大人は、1回の接種でも効果は期待できるといわれています。
なぜなら、大人は今までに何度がインフルエンザのウイルスにかかっていて、多少型が違っても免疫ができていることがあるからです。
ですから、今年の流行予想の株を1回することにより補強するというイメージです。

それでも、大人でもどうしてもかかりたくない人、子どもや65歳以上の方は2回受けられた方がいいですね。

インフルエンザの予防接種をしていても、他のウイルスの風邪にはかかりますし、インフルエンザにかかることもあります。
ただ予防接種をしていれば、軽く済む可能性がありますからね。
かかっても軽く済むと肺炎になる確率も低くなり、インフルエンザ脳炎脳症になる確率が減るだろうと期待されています。
他にも喘息など気管支に持病のある人などもにも予防接種はおすすめです。


そこでよく聞かれることですが、インフルエンザワクチンの接種後はもんだ方がいいの?ということ。

注射部位をもむ理由は、局所の痛みをやわらげること、発赤や硬結を防ぐことなどが考えられます。
しかし激しくもむことにより皮下組織の損傷が起こると、ワクチン液が拡散し、手先の腫脹やアナフィラキシーショックの可能性が高まることが予想されます。

実際に、インフルエンザの抗体ができるかどうかに関しては、もむのともまないのでは差はないようです。
だから特にもむ必要もないし、軽くおさえるだけでいいと思います。

参考HP:インフルエンザワクチンについて


なるほど。よくわかりました。りんごさんありがとう!
しかし、うちの近所の小児科の先生(双子の主治医さん)、注射した後、ガンガン揉むんだよねー。(笑)



自分でできる。自宅でできる。在宅健康チェック!

KENSA.BIZの郵送検査キット


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 18:12 | Comment(11) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

食中毒に注意!消費期限と賞味期限の違いをチェック。

先日も、O157の感染でお子さんの犠牲者が出てしまいましたね。防ぎようがない場合もありますが、夏は痛みやすいものとそうでないものをよく知っておけば、かなりの部分は回避できるはずです。


消費期限と賞味期限の違いをまとめてみました。


消費期限とは

傷みやすい食品に表示。未開封の状態で、表示されている温度や方法で保存した場合、腐敗や劣化せずに安全と認められる期限を示します。
製造・加工日を含めて、おおむね5日以内に傷む食材が中心となります。

傷みが気になる食材といえば、豆腐と牛乳だと思いますが、実は長持ちするものもあるんです。
普通の豆腐や、低温殺菌の牛乳などは「消費期限」表示になっていますので、それを目安に出来ますが、充てん式のパック豆腐や、高温殺菌の牛乳などは、日持ちしますので「賞味期限」表示であることが多いです。

長持ちするのはいいんですが、余計わかんないですよね。


賞味期限とは

傷みにくい食品に表示。未開封の状態で、表示されている温度や方法で保存した場合、品質の保存が十分に可能だと認められる期限を示します。(美味しく食べられる期間)
傷みにくい食品ですので、賞味期限を過ぎてもあまり劣化は感じないです。「10日以上たっても全然おいしんですけど、賞味期限って一体・・・」ってよく思いますよね。

じゃあ、賞味期限食品の消費期限はいつなんだ?
そういう疑問もわいてきます。

ちなみに、卵の賞味期限は、「生」で食べられる期間のこと。
でも、ひびの入ってるものや、常温で保存してしまったものなどは、サルモネラ菌の危険がありますので、生食は×です。
でも、加熱調理用なら、結構長持ちしますよね。


さて、気になる「賞味期限の消費期限」ですが、各家庭での保存状態がどんなものかわからないため、メーカー側ではなんとも答えられないというのが実情です。
つまり、ここから先は自己責任。経験がものをいう世界ですね。お母さんに電話したりして、ベテランの意見を求めましょう。


ただ、双子パパなんかは昔、中が生のメンチカツ(母が、表面だけ揚げて置いておいたもの)をパクパク食べても平気でしたし、うちの弟なんかは、牛乳が大好きで、ドロドロに腐ったのを飲んでもケロっとしていました。(ヨーグルトと思ってたらしい。)
激性の菌には気をつけないといけませんが、子ども達にはこういうたくましさというか、抵抗力をつけてもらいたいものです。過保護は、やはり人間を弱くします。


おまけ:調味料の保存期間

調味料は比較的長持ちしますよね。冷蔵しておけば数ヶ月持つものがほとんどですが、案外持たないのねというものを挙げておきましょう。

それはしょうゆ関係。小分けして使うでしょ?あれは、継ぎ足し続けると、雑菌が繁殖しやすくなります。こまめに洗いましょう。また、出汁の入ったそうめんつゆなどもかびやすいので注意。早めに消費しましょうね。

一般的に、塩や砂糖などの濃度の高いものはわりと長持ちしますが、他のものが混じっている調味料は、1ヵ月くらいを目安にチェックしたほうが良さそうです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:17 | Comment(1) | TrackBack(1) | 小さいこどもの病気

双子の大けが:わんぱくなのは嬉しいのですが、、、

うちの双子ですが、上の子は2歳の時にすごいケガをしております。耳の後ろを数針縫うという、かなり恐ろしいものです。もう少し深い傷だったら、どうなっていたか・・・


幼い双子を世話していて一番気をつけるべきことは、うまく二人とも見なければいけないこと。特に、歩けるようになった頃、自由に動けるのが楽しくて仕方ない赤ちゃんは、ちょっと目を離した隙に、どこへ行ってしまうかわかりません。
しかし、二人とも完璧に見ることって、可能なんでしょうか?


その事故は、双子パパが子どもを見ていたときに起こりました。
テレビをチラチラ見ながら、双子の様子も見ながら、という時でした。上の子が、ぬいぐるみなどの置いてあるラック(高さ80センチほど)によじ登ったのです。ソファーに座っていた双子パパの真後ろで盲点でした。下の子は双子パパの前面にいました。


「ガッシャーン!」


大きな音にソファーから跳ね上がると、そこは子どもの血が飛び散り、ガラスの破片が散乱する地獄のような光景でした。
ラックの上には、ガラスの壺(ビー玉を入れて飾りにしていた)が置いてあり、ラックが倒れると同時に子どもの頭の上に落ちたのです!


今思い出しても、頭に血が上ります。
幸い、かなり出血はしたものの傷は浅く、2日の入院+何回かの通院で済みましたが、最初にも書いたとおり、もしあと数ミリ深い傷だったら、今こうして、みなさんにブログを書くこともなかったと思います。


双子親は、やはり育児にすごいエネルギーを使います。できれば、集中して子どもの世話をし続けてあげたいのですが、人間ですからそうはいきません。ボーっとしていたりするときもありますし、逆にたまにはそうして気を抜かないと、親が参ってしまいます。


ですから、子どもの手が届く可能性のある場所には、危険物はもちろん、危険になりそうなものもなるたけ排除しましょう。当たり前のことですが、「まさかここまでは届かないだろう」と思っていても、子どもはあっという間に成長し、親の予想を超えていきます。
もし万が一のことが起きた場合でも、「双子親で大変だから」では済まされません。全責任は、親にあるのです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 12:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

双子と蚊(笑)・・・刺されやすい子と刺されにくい子

暑くなってきましたね。うちは裏は田んぼですし、水たまりもたっくさんありますので、蚊が大量に発生しております。
そして、当然うちの双子も刺されまくっております。
でもって、かゆいので引っかくから大変です。ウナコーワ塗ると、強烈に滲みるので、いつもヒーヒー泣いております。(笑)


ちなみに、かいたところが傷になって、細菌感染するのがトビヒですね。また、ある種の蚊が媒介するとされるマラリアや日本脳炎も、最近では起こっていませんので、こちらは心配ないようです。


さて、蚊に刺されやすい体質と刺されにくい体質、いろんな説が飛び交っていますけど、ちょっと根拠のなさ過ぎるものも多いので、この際お勉強しておきましょう。


日本には、蚊は100種類以上いますが、庭いじり、キャンプなどで昼に刺す蚊がヒトスジシマカで、夜、寝ている時に耳元に来たり、散歩の時に顔や足を刺す蚊がアカイエカです。
刺す蚊のほとんどがこの2種類だそうです。


■血液型
蚊に刺されやすい血液型ですが、刺されやすい順にO>B>AB>A型とよく言われますが、元を辿ってみましたら、データはたった62人の実験だそうです。
ですから、現段階ではこれは科学的に何も実証されていないのと同じと言えそうです。
このとき、たまたまO型の人がよく刺された、というレベルですね。


■汗っかきの人
蚊は動物が出す蒸気=汗をたよりに「獲物」を見つけます。
ですから、汗の多い子は刺されやすいということになりますね。
また、これは断言していいのかわかりませんが、酸性の汗体質の人は刺されやすいそうです。ニオイがあるからでしょうか。つまり、脂質の多い食べ物が好き、夜更かしさん・・・ようするに不摂生な生活の子(笑)は刺されますぞ。


■体温の高い人
これも、蚊のセンサーにかかります。蚊は、動物の体温を感知して寄って来ます。
だから、体温の高い子は刺されやすいということです。でも、子どもはみんな体温高めですからね。刺されます。(笑)
大人関係では、飲酒後は体温が上がるので、一時的に刺されやすくなるみたいです。ニオイも出ますしね。


ということで、元気に飛び回ってる活発なお子さんが刺されやすいということがおわかりかと思います。一概には言えませんけどね。
でも,
うちの双子の場合も、アクティブな上の子のほうが、多く刺されている気がします。外に出ている時間も多いから当たり前ですけどね。
でもって大人では、汗っかきで体温が高い人・・・デブ?(笑)が刺されやすいということでしょうか?
まぁ、そう考えますと、冷え性の女性って、あまり蚊にさされないイメージがあります。実際どうなんでしょうか。


最後に「慣れ」について。年配の方が刺されにくいと言われますが、虫刺されにも「慣れ」があるようです。
つまり医学的に言うと、「抗体ができる」のだそうです。だから、基本的に年を経るごとに痒くならなくなる、また、小さいときに蚊の多い場所で育った人は、他の人よりも「慣れて」しまうんだそうですよ。
あぁ、また双子と全然関係ないこと書いちゃった。。。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 17:15 | Comment(32) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

ヘルパンギーナ:子どもの夏かぜへの対応(双子関係なしです)

子どもの夏風邪について、ちょっと怖い記事を読みましたので緊急レポートです!


地球の温暖化で夏かぜが増えているそうです。これはウィルスによる風邪で、種類も多く、一度かかっても、別のウィルスに感染すれば二度目、三度目とかぜを引くことになります。
子どもの流行性・感染性の病気に大人がかかると症状が重くなることが多いですので、気をつけましょう。


■ヘルパンギーナとは


代表的な夏風邪で、気温が上がる初夏から流行する季節性の強い病気です。
コクサッキーA群ウィルスが原因で、のどちんこの周りにポコっとした水疱が数個〜十数個でき、赤く腫れます。
急に発熱し、39度前後の高熱が2〜3日ほど続きます。
水疱がつぶれた跡は、口内炎になってきますので、痛がります。
おしゃべりできる子なら「痛い!」というのでわかりますが、小さな子はそれが出来ないので、拒食の症状となります。
甘いものや、冷たいものは刺激が少ないので、比較的受け入れてくれます。栄養のある飲み物などで様子を見ながら、口内炎の治まるのを待ちましょう。
口内炎も、普通一週間ほどで治りますが、夏ですので水分補給に気をつけながら、それでも様子がおかしいときは、早めにお医者様へ!


ちなみに、大人にも感染します。唾液や咳からの飛沫感染、便からもウィルスは排出されますので、お尻を拭いてあげた手などは、よく洗って下さい。
潜伏期間は3〜5日ですので、子どもが治ったと思ったら親がかかっちゃったということになりませんように。
双子の育児は、とにかく親が健康でなくてはね!(自戒を込めて・・・)


■手足口病


これも、6ヶ月くらいからの乳幼児が多くかかる夏かぜの一種ですね。
原因ウィルスは、コクサッキーウィルス、エンテロウィルスで、急性の熱性発疹です。これも大人に感染し、何度でもかかるので注意!感染経路もほぼ同じです。
特徴は、その名の通り、手足の末端にざばーっと均一的に発疹が出るところ。口の中にもできます。
熱がやはり2日前後続きます。特効薬的なものはありませんので、診ていただいたお医者様の処方に任せましょう。
口の中にできたものが痛い場合、これも食欲不振になりがちですので、脱水症状には気をつけてあげましょう。


以上、子どもの夏かぜの情報でした。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

子どもと全身麻酔

小さなお子さんの、全身麻酔によるお気の毒な事件がありました。
うちも、双子のひとりが陰嚢水腫で2歳のときに手術したのですが、とにかく全身麻酔だけが心配だったことを思い出しました。ただただ、ご冥福をお祈りします。
我が子が、麻酔で意識を失ったまま帰らぬ人となるなんて、考えただけでもぞっとします。


幼児の全身麻酔について、検索してみました。


■子どもの手術は全身麻酔が基本

麻酔には局所麻酔と全身麻酔があり、全身麻酔は意識を失わせます。
全身麻酔法には、口と鼻にマスクをあてたり、気管内にチューブを挿入(気管内挿管)して麻酔薬を吸わせる吸入麻酔法や、手や足の静脈から麻酔薬を送り込む静脈麻酔法、筋肉注射法などがあります。
大人の場合は手術の部位や手術方法によって、手術部のみの痛みや知覚を抑える局所麻酔が施されることもありますが、子どもでは、病気の種類や手術の難度にかかわりなく、原則として全身麻酔が用いられ、穿刺やカテーテルの導入などを伴う検査でも、全身麻酔をするケースがあります。
一般に麻酔は、手術中の痛みを取り除くための医療処置と考えられがちですが、全身麻酔では、血圧、脈拍、呼吸、体温など、全身のあらゆる状態が変化するため、手術が安全に行われるように管理する必要が出てきます。


■安全確保のための全身麻酔

子どもは痛みが無いからといって、じっとしているわけではありません。
ある程度の年齢になると、歯や耳などの局所的な処置の間は我慢していられるようになりますが、年齢が低いほど、意識して動かないでいるのは困難です。
また、手術が子どもに与える恐怖心にも配慮が必要です。見慣れない大人に囲まれ、手術器具がたくさん並んだ手術室で、からだにモニター用の機器を張り付けられ、たった一人でからだを切られるという感覚は、子どもには強烈な恐怖心を与えます。
泣いたり、暴れたりする危険はもちろんのこと、たとえ手術が無事に終わっても、後々まで心に傷が残ることになりまねません。
子どもに全身麻酔を施すのは、こうした危険を避けるためです。

全身麻酔は、麻酔の影響が特定の部位にとどまる局所麻酔より危険性が高いと思われがちですが、執刀医が麻酔も行う場合が多い局所麻酔と違って、全身麻酔の場合は専門の麻酔科医が必ずついて、手術前から、術中、術後まで子どもの状態を最善に保つよう、さまざまな管理と処置が行われます。
従って、全身麻酔が局所麻酔と比べて危険だということは全くありません。
しかし、子どもの麻酔は、呼吸管理などが難しく大人と比べて特異性があり、子どもの麻酔を行う麻酔医には経験と技術が必要とされます。
現在は、各地の小児病院で小児麻酔の修練を積んだ麻酔科医が、各病院の麻酔科に少しずつ増えています。


子どもの麻酔と術後の管理より一部を引用


うちの双子兄の手術のときにも、確かに執刀医はもちろん「麻酔医の○○先生です。」ということで手術前に紹介されました。子供の手術においては、患部の治療以上に重要なポジションといえるのかも知れません。


うちは大きな大学病院で手術していただいたのですが、上の記述にもあるように、非常に経験と技術が必要な部分ですので、そういう意味では、スタッフも多い大病院のほうが、確率的に親としては安心出来ますね。
ただ人の体は個々の特性により、手術の反応がどう出るかはわかりません。親は、ただひたすら祈るしかないというのが、辛く、もどかしいばかりです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 00:00 | Comment(54) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

子どもが虫に刺されたときの対処

さっき、うちの子が保育園の庭で虫に刺されたと先生から連絡がありました。
痛がっていたようで、すぐに皮膚科の病院に連れて行っていただけたのですが、幸い大したことはなかったようです。


蚊、蟻、ダニ、蚤などに刺されたときは、アンモニア水か、薄い重曹液(2%ほど。小さじ一杯の重曹に、水100cc)を塗ります。アンモニア水は、普通はないと思いますので、重曹がいいですね。最近はお掃除ツールとしても人気なんですよね。


これでまず、毒素を消毒です!


その後、赤く腫れるようでしたら、抗ヒスタミン剤や、副腎皮質ホルモンの配合された軟膏を塗り、ひどい場合にはさらに先ほどの重曹液で湿布します。


蜂に刺されたときは、針が残っているか見て、残っているようならピンセットか毛抜きで抜きます。
そして、よくドラマで見るように、毒素を口で吸い出して、その後は上に同じです。もちろん、大きな蜂などで、ショック症状が出ている場合は、すぐに救急車を呼んでくださいね。


あと、毒蛾の場合は、りん粉にも毒素がありますので、こすって拭うのではなく、水などで勢いよく洗い流す感じにしましょう。
腫れたら、やはり上と同じ処置です。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 15:05 | Comment(18) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

子どもの出すサイン(症状)

子どもって親の鏡だと言いますが、やはり子どもにとって、一番身近で影響を受けやすい、親の行動に対する反応は、必ずどこかに出ると言ってもいいと思います。


例えば、親がイライラしたり、過保護だったり、スキンシップが足りなかったり。
小さい子供にとっては親がすべてですから、ちょっとしたことでも身体的なサインとなってあらわれたりします。


腹痛、吐き気、食欲減退、下痢、発熱といった症状、過食、指しゃぶり、爪をかむ、不眠といった行動まで、さまざまなサインを発します。


もちろん、単純に病気の場合もあると思いますが、親の行動・感情に反応している可能性も子どもの場合は高いと思います。


こういった症状、行動パタンが見られたら、親も自分を見つめなおして、どのような行動を取っていたか、どのように子どもに接していたか、どんな感情を子どもにぶつけていたかを考えてみましょう。


思い当たることがあったなら、親がそれを素直に直すことで、子どもも治ってしまうことって、よくあります。


特に双子の場合は、上下の兄弟ではなく、並列の子どもがすぐ隣にいつもいるわけで、親に対する感情もちょっと特別です。
例えば単なるママの取り合いも、相手が同い年のライバルというのでは、やはりちょっと違ってきますよね。


うち(男の子の2卵生双生児)の場合も、互いに性格が全然違うので、同じように接すると、反応が違ってきます。
行き過ぎると過保護な扱いになるので注意していますが、日々子どもに接する時も、その子が一番安心できる接し方をしてやりたいものです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

子供の風邪を漢方で治す。

子供のかぜ、赤ちゃん時はママからの免疫がよく働いていますのでなかなかひきませんが、その効果が薄れてくるとやはり普通にかかってしまいます。保育園とか行くようになると、よくもらってきますしね。

のどが痛いとか、おなかが痛いとか、うまく表現してくれませんから、外に出ている症状で判断してあげるしかありません。

画一的な「かぜ薬」でなく、漢方を何種類か常備しておいてはいかがでしょうか?
症状にあわせて使用すれば、これが意外によく効きます。

■発熱初日(汗も少なく、ポーっと赤い顔をしているとき)
麻黄湯や葛根湯
初期の段階に限る。「熱も高く、こりゃ完全に風邪だ!」というときには、もう効きませんのでご注意。

■咳が出て、熱も続くとき
柴胡桂枝湯
腹痛を伴う胃腸炎にも処方される。微熱、寒気、頭痛、吐き気などのある、風邪の後期の症状に。

■咳が長引くとき
小柴胡湯
気管支炎、肺炎など、胸の炎症に効果。発熱と悪寒が交互にあるような、こじれた風邪に用います。

■下痢や嘔吐があるとき
五苓散
体内における適度な水分の分配がうまくゆかず、その体内の水分調節不良による各種の疾患に応用できる。よく効きます。

■鼻づまりがひどいとき
麻黄湯
寝る前に服用するとスッとしてよく寝られる。風邪の初期向け。

■のどが赤く痛そうなとき
柴胡桂枝湯加桔梗石膏
咽の腫れ・痛みを訴えるときに処方。大人にもよく効きます。

漢方薬は、漢方のわかるお医者さん、漢方の薬剤師さんに詳しく聞いて、各々の性質をよくつかんでおきましょう。
研究熱心な、よい処方をしてくださる方がお近くにいるといいですね。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:37 | Comment(7) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

アトピー性皮膚炎の治療(早いうちに効果的な方法を)

アトピー性皮膚炎は、西洋医学でも漢方でも、治療が難しい病気です。

特に、生まれてすぐは、頭部の脂漏性湿疹なども出やすいので判断がつきにくいですが、「アトピーかな?」と思ったら皮膚科の先生に診てもらいましょう。

うちは、MALが脂漏性湿疹がすごくて、頭なんてウロコみたいになっていました。顔面も吹き出物や何やらでぼこぼこ。結局アトピーではなかったのですが、今でもかなりの乾燥肌で、冬場は「かゆいかゆい」といって泣きます。肌が敏感なんですね。
一方LEOに関しては、肌トラブルはほとんどなし。しっとりプルプルお肌をしています。双子でも、やはり生まれもった特性というのが全然違うものです。(二卵性)

さて、生後半年もすると、頭部以外にも湿疹範囲が広がることが多いようですが、まだ湿疹が頭部だけに見られるうちに、漢方の治頭瘡一方(ちづそういっぽう)を試してみてはいかがでしょうか。
うまくすると、頭部に留まり、体に広がるのを防ぐことができます。
アトピーと診断されても、だらだらと抗アレルギー剤を使うよりは、症状にあわせて漢方を利用して、かゆみや赤みを減らすことは、本人にとって良いかと思います。

!と思われたら、お近くの漢方薬局、漢方医に相談してみてください。
(症状を詳しく伝えるのがポイントです。漢方は、副作用は出にくいですが、処方には細かな状態把握が絶対条件です。逆に、詳しく話も聞かないで処方するお店は信用出来ません。)


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 06:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気

虚弱児や、おなかの弱い子の体質改善法

風邪を引きやすかったり、下痢気味だったり、すぐ扁桃腺が腫れるなど、いわゆる虚弱体質ですが、特に双子は小さく生まれることが多いためか、ひとりで生まれたお子さんよりもその割合は多いように感じます。

こうしたお子さんの場合、個々の症状にその都度対処するよりも、体質自体を変えていくことが賢明です。

こうした処置は、やはり漢方の得意分野です。

■風邪を引きやすい・扁桃腺が腫れやすい子
免疫を賦活(活性化)させる働きの漢方薬を用います。食の細い子にも有効です。
●補中益気湯 (ほちゅうえっきとう):
中つまり脾胃を補って気を益す=内臓を強くして、元気を作るという意味。虚弱の処方に多く用いられます。
●小柴胡湯(しょうさいことう):
漢方処方のベースともいえるほど、広く用いられます。風邪を引きやすい子供への処方は有名。

■おなかのトラブルの多い子
体を温める食事が足りていないのでは?食事をチェックした上で以下の処方を。
●小建中湯(しょうけんちゅうとう):
おなかの症状の基本的な漢方薬です。夜尿症の薬としても有名。
●六君子湯(りっくんしとう):
消化不良など、胃の調子がすぐに悪くなる子に有効です。

漢方ですから、西洋医学的な処方でなく、漢方的な見立てによる効果的な処方をしましょう。間違うと、思わぬ副作用のある場合があります。「漢方は副作用がない」というのは、漢方の処方をした上でのことなのです。


にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ


posted by 双子パパ at 07:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 小さいこどもの病気
双子妊娠&子育て情報サイト「双子ドットコム。」のトップページに戻る

Copyright (C) 2005-2012, Hutago.com All rights reserved.